小後頭直筋(後頭下筋群)【3D筋肉・解剖学】

この記事は2分で読めます

環椎や脊髄・脳を取り囲む「硬膜」にも付着し、緊張状態が首・目・耳をはじめ全身広範囲に影響する【小後頭直筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。
スマホやパソコン使用による不良姿勢でも凝り固まりやすい筋肉なので、解剖学的構造を理解してセルフメンテナンスができるようになろう!

小後頭直筋の概要

  • 名称:小後頭直筋
  • ふりがな:しょうこうとうちょくきん
  • 英語名:Rectus Capitis Posterior Minor
  • 首(背部)の筋肉の中でも1番深層(骨の近く)にあり、後頭下筋群(後頭下部から環椎、軸椎に至る4筋の総称)のひとつ。
    (後頭下筋群:大後頭直筋、小後頭直筋、下頭斜筋、上頭斜筋)

    上頭斜筋・下頭斜筋・大後頭直筋が作る3角形の中を神経や血管が通り、内耳や脳に繋がっています。

    *背面にある筋肉は解剖学上背部の筋肉に分類されますが、首の動きに直接関与する深層筋で、前面にある頸部筋との関連も重要なため、首の筋肉としても分類しています。

    小後頭直筋の起始・停止

  • 起始:環椎の後結節
  • 停止:後頭骨下項線の内側1/3
  • 小後頭直筋の作用


    解剖学的表現

    ・頭部を後方に引き直立位を保持
    ・頭部伸展・回旋



    日常でのイメージ

    実際には首の位置を動かすというよりも、首の上の重い頭が前や横に転がり落ちないように後ろから支えるのが主な役割。
    小後頭直筋の作用により、首の位置を調整し、どんな姿勢になっても目線を水平に保つことができます。
    また、環椎や脊髄・脳を取り囲む「硬膜」にも付着しているため、小後頭直筋の緊張状態が、脳への血流や脊髄神経の働きにも大きく影響します。

    小後頭直筋の神経支配

  • 後頭下神経(C1)
  • 小後頭直筋(後頭下筋群)の働きを3D動画で確認

  • 1:大後頭直筋
  • 2:小後頭直筋
  • 3:上頭斜筋
  • 4:下頭斜筋
  • 小後頭直筋を触診

    後頭骨の下端に2本の指を揃えて触れた時、上側になる指のが触れる部分に「小後頭直筋」があります。
    「大後頭直筋」で挟まれるように中心の窪みにある筋肉です。

    小後頭直筋をほぐす方法

    深層の非常にデリケートな場所にある筋肉のため、まずは姿勢をニュートラルに戻して全身の緊張を十分にほぐしてから、小後頭直筋に触れつつ小さな動きで刺激を加えてストレッチや収縮・弛緩を繰り返すことで筋緊張のバランスを正常にしましょう。
    表層の大きな筋肉が働かないようにごくごく小さい動きで行うことがポイントです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事