【小後頭直筋(後頭下筋群)】ほぐし方やストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

背筋(背中)
スポンサー

小後頭直筋は、後頭下筋群のひとつで環椎や脊髄・脳を取り囲む「硬膜」にも付着しているため、スマホの長時間使用などでコリや緊張状態が長く続くと、首・目・耳をはじめ全身広範囲不調が生じてしまいます。

小後頭直筋(後頭下筋群)の解剖学構造(作用と起始停止)を3D動画で理解して、正しいほぐし方(ストレッチ、マッサージ、リリース)で、首コリ、肩こり、眼精疲労などの辛い悩みを解消しましょう!

【小後頭直筋(後頭下筋群)】英語名と読み方

  • 名称:小後頭直筋
  • ふりがな:しょうこうとうちょくきん
  • 英語名:Rectus Capitis Posterior Minor
  • 【小後頭直筋(後頭下筋群)】起始停止

  • 起始:環椎の後結節
  • 停止:後頭骨下項線の内側1/3
  • 【小後頭直筋(後頭下筋群)】作用


    解剖学的表現

  • 頭部伸展(両側)

  • 日常でのイメージ

    深層にある小さな筋肉で、首の位置を動かす運動に作用するというよりも、首の上の重い頭(体重の10%程度)が前や横に転がり落ちないように後ろから支えるのが主な役割で、小後頭直筋の作用により、首の位置を調整しどんな姿勢になっても目線を水平に保つことができます。

  • 小後頭直筋は、環椎や脊髄・脳を取り囲む「硬膜」にも付着しているため、小後頭直筋のコリや緊張状態を放置すると、脳への血流や脊髄神経の働きも悪くなり、首コリ、肩こり、眼精疲労、倦怠感などの原因になります。
  • 【小後頭直筋(後頭下筋群)】神経支配

  • 後頭下神経(C1)
  • 【小後頭直筋(後頭下筋群)】働きを3D動画で確認

  • 【大後頭直筋】0:33
  • 【小後頭直筋】0:43
  • 【上頭斜筋】0:53
  • 【下頭斜筋】1:03
  • 【小後頭直筋(後頭下筋群)】触診

    後頭骨の下端に2本の指を揃えて触れた時、上側になる指のが触れる部分に「小後頭直筋」があります。

    大後頭直筋」で挟まれるように中心の窪みにある筋肉です。

    【小後頭直筋(後頭下筋群)】のほぐし方(ストレッチやマッサージ)

    【小後頭直筋】は、頚部深層の非常にデリケートな場所にある筋肉なので、まずは表層にある板状筋や僧帽筋などのコリをローラーやストレッチポールなどで十分にほぐしてからアプローチします。

    小後頭直筋に触れつつ、小後頭直筋の解剖学構造を意識しながら、表層の大きな筋肉が働かないようにごくごく小さな動きで刺激を加えてストレッチやマッサージでコリやほぐしていきましょう。

    【後頭下筋群】とは?

    【後頭下筋群】とは、背筋の中で1番深層(骨の近く)にある固有背筋群のうち、後頭下部から環椎、軸椎に至る4筋(大後頭直筋小後頭直筋上頭斜筋下頭斜筋)の総称のこと。

    背骨を構成するパーツの中で1番可動性があり、負担がかかりやすい頭蓋骨直下の環椎(1番目の椎骨)と軸椎(2番目の椎骨)に付着していて、重い頭を支えながらの首の動きはもちろん、目の動きにも関与します。

    首が前に出るスマホ姿勢やパソコン使用で負担がかかり硬直しやすい筋肉で、上頭斜筋・下頭斜筋・大後頭直筋が作る3角形の中を神経や血管が通り、内耳や脳に繋がっているため、【後頭下筋群】のコリを放置すると肩こり、眼精疲労、腕の動きの悪化に始まり、全身にも悪影響を及ぼします。

    【参考】

    *背面にある筋肉は解剖学上背部の筋肉に分類されますが、首の動きに直接関与する深層筋で、前面にある頸部筋との関連も重要なため、首の筋肉としても分類しています。

    【頸部(首)筋肉まとめ】首こり解消ストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】
    肩こり・首こり・眼精疲労・老け顔・たるみ.....スマホが手放せずパソコン作業が多い現代人の悩みを解消するポイントとなる頚部(首)の筋肉を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認く...
    タイトルとURLをコピーしました