Youtubeで3D動画を配信中!

魚のポーズ (Fish pose)マッツヤ・アーサナ (Matsyasana)【ヨガの3D解剖学】

魚のポーズ (Fish pose)マッツヤ・アーサナ (Matsyasana)【ヨガの3D解剖学】

仰向けで寝て胸郭の動きを出し、身体を気持ちよく開くポーズ。

胸部のストレッチ効果も高く呼吸も深まる為、パソコンやスマホをよく使う方はリフレッシュしたい時や寝る前に行うとスッキリ!姿勢改善にも有効です。

正しく行わないと首や腰に大きな負担がかかるので、動かすべき場所をしっかり理解してから行ってください。

期待できる効果

  • 肩・胸部の柔軟性向上
  • 呼吸機能向上
  • 背骨のストレッチ
  • 肩・胸部の柔軟性向上
  • 精神安定、リフレッシュ
  • 美容効果:背中の引き締め、バストアップ
  • 健康効果:疲労回復、慢性疲労、眠気、軽い腰痛、冷え性、便秘、むくみ、胃の不調などの解消
  • 3D動画でポーズを解剖学的に理解

  • ポーズの作り方
    • 両脚を伸ばして揃え、仰向けになる。
    • お尻の下に両手を置き、肘で床を押し、顎は引いたまま、かつ肩甲骨を引き下げながら、胸を反らせる。
  • 脚は、蓮華座を組んでから行ってもOK!
  • 手はお尻の下ではなく、肘をついてお腹の上に置いて肘で押し上げるように胸部を反らせてもOK!
  • 体重は前腕で支え、首に体重を乗せない!
  • 目線は上向きのまま、頚椎を反らせない!
  • 骨盤を前傾させ、腰椎前弯が増強しない!
  • 注目すべき筋肉

    気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

  • 収縮・強化
    • 胸半棘筋
    • 多裂筋
    • 脊柱起立筋
    • 棘下筋
    • 三角筋
    • 僧帽筋
    • 大臀筋
    • ハムストリングス
    • 股関節内転筋群
    • 骨盤底筋群
  • ストレッチ
    • 大胸筋
    • 小胸筋
    • 腹直筋
  • 注意ポイント!

    見本と同じポーズをとることがゴールではなく、筋肉に正しい刺激を入れることが目的です。

    それぞれの筋肉に正しい刺激が入っているのか意識して行うようにしましょう。

    胸部に硬さがある場合、首を過度に反らせてしまいがちです。

    ストレッチする場所は胸部ですので、首を痛めないように十分注意して行ってください。


    同様に胸部の動きが出にくい場合、骨盤を前傾させ、腰椎の前弯を増強させて代償しがちです。
    腰を痛める原因になるので注意してください。

    難しい場合は膝を曲げてもいいので、骨盤の位置を保ってください。


    3Dヨガカテゴリの最新記事