花輪のポーズ (マラーサナ)効果と正しいやり方【3Dヨガ解剖学】

正しいヨガポーズ
この記事は約1分で読めます。
スポンサー

上半身と下半身をつなぎ内臓を納める箇所でもある骨盤。

骨盤周囲の筋肉をストレッチして股関節の柔軟性を高め、骨盤の位置を整える効果があります。

骨盤の位置が整うことで、姿勢改善や便秘解消も期待できる嬉しいポーズです。

ポーズの名称

  • 花輪のポーズ (Garland Pose)
  • マラーサナ (Malasana)

期待できる効果

  • 股関節の柔軟性向上
  • 骨盤調整
  • 便秘解消
  • 姿勢改善
  • 3D動画でポーズを解剖学的に理解

  • ポーズの作り方
    • 両足を肩幅程度に開き、つま先は斜め外側へ。
    • かかとを床につけたまましゃがみます。
    • 背筋はまっすぐ。目線はまっすぐ前を見ます。
    • 両手を胸の前で合わせ、肘で膝を押します。
  • 足関節や骨盤、背骨の柔軟性も必要なので、準備運動をして筋肉を緩めてから始めましょう。

    意識する筋肉

    気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

    注意ポイント!

    足関節や骨盤、背骨の柔軟性も必要なので、準備運動をして筋肉を緩めてから始めましょう。

    タイトルとURLをコピーしました