半月のポーズ(アルダ・チャンドラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

3Dヨガ
スポンサー

半月のポーズ(アルダ・チャンドラ・アーサナ)は、太もも周り(内側と裏側)をしっかりストレッチしつつ、全身でバランスを取りながら骨盤周りと体幹強化しつつ、背骨の周り、横腹、胸の広がりを感じるストレッチができるバランスポーズです。

以下のポイントをつなぐと、弧を描いた半月のように見えることから半月のポーズと呼ばれています。

  • 上に引き上げた手
  • 体の延長線上に上げた足
  • 軸足
  • 床に着いた手

ポーズの名称

  • 半月のポーズ(Half Moon Pose)
  • アルダ・チャンドラ・アーサナ(Ardha Chandrasana))

期待できる効果

  • 体幹強化
  • バランス強化
  • 股関節・太ももまわりのストレッチ
  • 脚、ヒップ、ウエスト引き締め

3D動画でポーズを解剖学的に理解

ポーズの作り方

  • 両脚を横に大きく開いて立つ
  • 両腕を肩の高さに挙げる(床と平行)
  • 右の足先を外側に向けて膝を軽く曲げる
  • ゆっくりと上半身を右に倒しつつ左脚を床から離す
  • 右手の先を床につける
  • 上半身を左側に向けて両脚をしっかり伸ばす
  • 余裕があれば目線は上に
  • *反対側も同様に行う。

意識する筋肉

  • 中臀筋
  • 大臀筋
  • 胸鎖乳突筋
  • 腹筋群
  • 大腿四頭筋
  • 大胸筋
  • 脊柱起立筋群
  • 腰方形筋
  • 股関節内転筋群
  • ハムストリングス
  • 三角筋
  • 上腕三頭筋

注意ポイント!

胸筋、股関節内転筋、股関節伸筋の短縮等で床に手を着くのが難しい場合はブロックなどを使ってください。

頭部から足先が一直線になることが優先です。

一直線の感覚がわかりにく場合は、壁や椅子などを使って感覚を覚えるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました