被殻出血と高次脳機能障害

この記事は2分で読めます

脳出血の後発部位「被殻」とその症状について説明できますか?

脳出血の好発部位、つまり最も起こりやすい部位として、被殻があります。

どの程度良く発生するかをパーセントで表すと全脳出血の40パーセント。

頻度が大変高く、また、その出血の大きさや場所によってもその臨床症状は多彩であるため、脳の解剖学的構造と機能、そして出血によって起こりえる症状について十分に理解しておくことは非常に重要です。

この章を読むと、被殻出血とその症状に対して理解できるようになります。

この章では、被殻出血を高次脳機能障害との関連にフォーカスして説明しています。

被殻の機能と被殻出血の症状

脳出血の好発部位ー被殻

まず解剖学的に被殻の役割や位置説明します。

被殻の役割

被殻は、大脳基底核の一部で、大脳基底核とは、身体の随意運動の調節や姿勢、筋緊張の調整などスムースな活動が行えるように無意識的にコントロールしている役割を持つ脳の一部です。

その他にも、
記憶を基に予測や期待に関する行動に関与したり、
前頭葉の運動パターンから適切なものを選択したり、
眼球運動や尾状核とともに線条体を構成したり、
感情に関与する辺縁系の制御をしたり、
などにも関わっています。

被殻の位置

位置は、錐体路というあらゆる意識的な運動に関係する繊維や感覚繊維が、通過する内包と接していて、外側は、言語、行動、理解、認識などの高次機能をつかさどる神経細胞とつながっています。

被殻出血による症状

被殻に出血がおこると、内包に血腫が入り込んだり、内包や被殻の周囲を圧迫することが多くあります。

そのため被殻の出血では、大脳基底核の機能異常だけでなく、顔面や手足のまひ、半身の感覚が鈍くなるなどの症状や高次脳機能障害が出現します。

優位半球(一般的には左)に出血をすると、言葉を話せない話せても意味をなさない、人のいうことが理解できないなどの失語症が現れることがあり、

劣位半球(一般的には右)に出血をすると、左半側の空間にあるものを無視する半側空間無視(はんそくくうかんむし)、

その他いずれの半球でも、上記を含めた失行、失認などの高次脳機能障害が起こり得ます。

失行、失認の症状とその責任病巣の分類に関しては、こちらをご参照ください。

高次脳機能障害 責任病巣と症状のまとめ 失行 失認 失語症

 

まとめ 

高次脳機能障害は、このほかにも注意障害や脱抑制、認知機能障害など様々なものがあり、実際の症状がどの症状なのか明確に識別することは非常に困難ですし、様々な原因が複雑に絡み合っていることもあります。

ただ、これらの基本的な情報をしっかり押さえておくことで症状の理解、そして患者さんの正しい理解の一助になることは間違いありません。

ぜひ参考にしてください。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク