年齢を重ねるほど早く過ぎ去ってしまう1年を充実させる方法

ストレスと心のケア
スポンサー

アッという間に過ぎていく1年、そして年々その1年が短く感じる….と感じることはありませんか?

1年はいつも同じ365日なのに、なぜ年齢を重ねると1年が速く過ぎ去るように感じるのでしょうか?


日々を充実させて、毎年「良い1年だった」と振り返れるように、年齢を重ねると時間が早く感じる理由と健康で充実した1年を送るコツをまとめました。

ジャネーの法則:「時間の心理的長さは年齢に反比例する」

年々加速するように感じる月日の経つ速さは、19世紀にフランスの心理学者によって提唱された「ジャネーの法則」によって説明できます。

ジャネーの法則とは、「時間の心理的長さは年齢に反比例する」という法則で、まさに「歳を取るごとに1年が短く感じる」と感覚と一致します。

例えば、50歳の大人にとって、1年の長さは人生の1/50ですが、5歳の子供にとっては人生の1/5なので、同じ1年という時間の長さでも、5歳の子供の1年は50歳の大人の10年分のような感覚になるそうです。

5歳の子供が経験値が少なく何をしても新鮮ですが、50歳の大人は既にたくさんのことを知って経験していますし、新しいことに挑戦しようとすることも少ないため、毎日が同じように過ぎていき、振り返って見ると毎日同じようなことばかりで変化がなく、受けている刺激が少ないため、過ぎた時間の長さを実感しにくくなることでこのような差が生まれているそうです。

年月の経つ速さの感覚と年齢に絶対的な相関はない

ジャネーの法則を踏まえると、もしあなたが年齢を重ねるごとに1年を短く感じているとするのなら、あなたの生活は良い意味でいえばとても平和で安定しているのかもしれません。

または、仕事で忙しすぎて一切他のことを楽しむ余裕がなかった場合などにも同じように時間が速く過ぎ去ったように感じるかもしれません。

確かに、年齢というよりも毎日の過ごし方がこの心理的な時間差に影響してそうです。

だとすると、年齢を重ねても毎日をワクワクしながら楽しく新しいことに挑戦している人の時間の感じ方は子供の頃と変わらない、むしろ、自分で選べる選択肢が増えている分、子供以上に充実した(変化の多い)時間を過ごすことは可能です。

誰にとっても、何歳になっても、1年は365日だし、1日は24時間(1440分)。

あなたがどんな気持ちで、どのような生活を過ごしているのか、それが時間の感じ方に影響するということだけは事実なので、年齢による環境の変化に関わる部分を自分でアレンジすれば、1年を振り返った時の感じ方は大きく変わるはずです。

四季を意識して1年の充実度を高めよう!

せっかく日本という四季の変化を楽しめる日本にいるので、四季の変化を五感で楽しむ意識を持つだけでも、1年の充実度は大きく変わります。

特に秋は楽しみが多く、いろいろなことに挑戦しやすいシーズン。

  • 実りの秋
  • 食欲の秋
  • スポーツの秋
  • 芸術の秋
  • 読書の秋
  • 面白いことに、秋には他の3つ季節とは違って「秋が来た」とは言いません。

    「春が来た」、「夏が来た」、「冬が来た」、他のどの季節も「来る」のに秋だけはなぜか「来ない」のですが、その変わり、「夏の終わり」または「冬の始まり」と表現されます。

    秋は、暑い夏の疲れをしっかり癒し寒い冬にしっかり備える健康管理にも重要季節ですが、意識せずに過ぎ去ってしまいがちなのかもしれません。

    季節の変化を楽しむことで五感が鍛えられます。

    四季を意識して五感を鍛えれば、他に特別なことをしなくても毎日の生活でも気付きや変化を楽しむ能力を高められ、1年の充実度は高まります。

    タイトルとURLをコピーしました