【内肋間筋(最内肋間筋)】呼吸とストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

胸部・胸郭(呼吸)
スポンサー

【内肋間筋】は、肋骨間を埋める様に下から上に走行して呼吸に作用している筋肉です。

【内肋間筋】呼吸補助筋としての働きを3D動画(解剖図)を使ってわかりやすく説明しています。

【内肋間筋】英語と読み方

  • 名称:内肋間筋
  • ふりがな:ないろっかんきん
  • 英語名:Internal Intercostal
  • 【内肋間筋】起始停止

  • 起始:下位肋骨内面の上縁
  • 停止:直上の肋骨下縁および内面
  • 【内肋間筋】作用

    解剖学的表現

    肋骨を引き下げて胸郭を狭める(呼息)

    日常でのイメージ

    肋骨間を走行し肋骨間を収縮させることで胸郭を狭め、呼気の際にガス交換がスムースに行われるように働きます。

    横隔膜の収縮による肺呼吸だけでは不十分な場合や意識的な胸式呼吸など努力呼吸時に強く作用します。

    【横隔膜】とはどこにある呼吸筋?ストレッチと効果的に鍛えるトレーニングのための【3D動画付き筋肉解剖学(起始停止と働き)】
    【横隔膜】とは、膜という名称がついていますが胸郭と腹腔を隔てる位置にある呼吸筋であり、インナーユニットとして運動や姿勢維持でも最もコア(中心)になる筋肉です。「呼吸が浅い」、「パソコン作業で肩こりがひどい」、「声が出にくい」、「疲れや...
    【腹式呼吸】【胸式呼吸】とは〜やり方や使う筋肉の違いと効果比較
    【腹式呼吸】と【胸式呼吸】ってどっちがいいの?普段無意識に行っている呼吸を意識的に整えれば、体幹を整え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。呼吸の解剖学呼吸とは私たちが外...

    【内肋間筋】神経支配

  • 肋間神経(T1~T11)
  • 【内肋間筋】働きを3D動画(解剖図)で確認

    【内肋間筋】触診

    肋骨の間に指を当て、呼吸をすると収縮が確認できます。

    【内肋間筋】呼吸とストレッチ

    【内肋間筋】は呼吸でストレッチや筋力強化できます。

    【内肋間筋】と逆の走行(作用)になっている外肋間筋と交互の収縮弛緩を意識しながら行いましょう。

    【腹式呼吸】【胸式呼吸】とは〜やり方や使う筋肉の違いと効果比較
    【腹式呼吸】と【胸式呼吸】ってどっちがいいの?普段無意識に行っている呼吸を意識的に整えれば、体幹を整え、姿勢を整え、ケガ予防、疲労の軽減、精神安定、集中のコントロール効果が期待できます。呼吸の解剖学呼吸とは私たちが外...
    【外肋間筋】呼吸とストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
    【外肋間筋】とは肋骨間を埋める様に上から下に走行している筋肉で、努力呼吸時や意識的な胸式呼吸時に強く作用する呼吸補助筋です。 【外肋間筋】呼吸時の働きを3D動画(解剖図)でわかりやすく説明しています。【外肋間筋】英語と読み...

    肋間筋(外肋間筋・内肋間筋・最内肋間筋)呼吸時の働き【3D解剖図】

    タイトルとURLをコピーしました