バッタのポーズ (シャラバーサナ)効果と正しいやり方【3Dヨガ解剖学】

3Dヨガ
スポンサー

バッタのポーズ (シャラバーサナ )は、うつ伏せから脚を上げて身体を反らす姿をバッタに例えた背面の筋肉を鍛えるポーズで、太ももの裏からお尻の引き締めに効果的です。

上に持ち上げようと腰や首を無理に反らすのではなく、背面の筋肉を収縮させることに意識を向けましょう。

大胸筋や腹直筋など身体前面の筋肉は気持ちよくストレッチして呼吸を忘れずに。

ポーズの名称

  • バッタのポーズ (Locust Pose)
  • シャラバーサナ (Salabhasana)

期待できる効果

  • 背面の強化
  • 体幹の強化
  • 体前面のストレッチ

3D動画でポーズを解剖学的に理解

ポーズの作り方

  • うつ伏せになり顎を床につける
  • お尻と太ももの筋肉を強く引き締め、両脚を上げる
  • 胸で床を押しながら更に脚を引き上げる
  • 余裕があれば、頭や腕も持ち上げると更に背面の筋肉が引き締まる

意識する筋肉

  • 僧帽筋
  • 頭板状筋
  • 脊柱起立筋(胸棘筋、最長筋、腸肋筋)
  • 大臀筋
  • ハムストリングス
  • ヒラメ筋

  • 腹直筋
  • 大胸筋

注意ポイントと軽減方法!

最初は頭は下向き、腕全体も床に着いた場所からのスタートでも構いませんので、腰や首を無理に反らさらないようにしてください。

目的は身体を反らすことではなく、背面の筋肉を収縮させることです。

タイトルとURLをコピーしました