Youtubeで3D動画を配信中!

頭長筋【3D筋肉・解剖学】

頭長筋【3D筋肉・解剖学】

首の前面から重い頭を支えるインナーマッスル【頭長筋】の構造について3D動画を使って解説!
スマホやパソコンを使用している姿勢で短縮したまま動かず弱化しやすい筋肉なので、意識して動かす時間を作り、辛い首こりや肩こりを効果的に解消しょう!

頭長筋の概要

  • 名称:頭長筋
  • ふりがな:とうちょうきん
  • 英語名:Longus Capitis Muscle
  • 首の筋肉の中でも1番深層(骨の近く)にあり、椎前筋群(頸部脊柱の前面に接して縦(上下)に走行する4つの筋肉の総称)のひとつ。
    (椎前筋群:頸長筋・頭長筋・前頭直筋・外側頭直筋)

    姿勢保持に重要な首のインナーマッスルで、顎をひく動作にも関与します。

    頭長筋の起始・停止

  • 起始:第3~6頸椎横突起の前結節
  • 停止:後頭骨底部下面の咽頭結節の前方
  • 頭長筋の作用


    解剖学的表現

    ・頸部の屈曲
    ・頸部の側屈


    日常でのイメージ

    ・顎を引く(頸屈曲)
    ・首を傾ける(頸側屈)

    頭長筋が収縮すると首前面から顎の下を引っ張る作用を持つことで、重い頭が後ろへ倒れていかないように前から支えてくれる姿勢保持にとても重要なインナーマッスル。

    頭長筋の神経支配

  • 頸神経(C1~C5)
  • 頭長筋の働きを3D動画で確認

    頭長筋を触診

    深層にあるため直接的な触診は難しいですが、解剖学的な位置を理解していれば収縮を手で触れて感じることはできます。

    頭長筋を強化する方法

    頭長筋の走行のイメージを持って、首前面から顎の下を引っ張るように顎を引くと頭長筋を効果的に動かせます。
    顎を動かそうとするよりもニュートラルな状態から目線を少し下にするイメージで行うと外側の大きな筋肉の影響をうけにくくなり、効果的に頭長筋(インナーマッスル)を強化できます。

    スマホやパソコンの使用などを使用している姿勢で短縮したまま動かず弱化しやすい筋肉なので、意識して動かす時間を作るようにしましょう。

    筋肉【3D解剖学】カテゴリの最新記事