【頸長筋(椎前筋)】ストレッチとリリースのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

頸部・首【3D筋肉】
スポンサー

【頸長筋】は、頸椎の自然なカーブ(生理的前弯)を前側から支えている首のインナーマッスルです。

【頸長筋】の解剖学構造を3D動画(解剖図)で理解して、首こり・肩こりなど首回りのトラブルを解消しよう!

【頸長筋】英語と読み方

  • 名称:頸長筋
  • ふりがな:けいちょうきん
  • 英語名:Longus colli muscle
  • 【頸長筋】起始停止

    垂直部

  • 起始:第5頸椎~第3胸椎椎体
  • 停止:第2~4頸椎椎体
  • 上斜部

  • 起始:第(2)3~5(6)頸椎横突起
  • 停止:環椎前結節
  • 下斜部

  • 起始:第1~3胸椎椎体
  • 停止:第5~7頸椎横突起
  • 【頸長筋】作用

    解剖学的表現

  • 頸部屈曲
  • 頸部側屈
  • 日常でのイメージ

    頚部から上胸部前側につくインナーマッスルで、上斜部、垂直部、下斜部に分類され、姿勢保持(頸椎を前側から支え生理的前弯を維持)、頸部の屈曲と側屈に作用しますが、首の運動範囲は小さく、頸椎の自然なカーブ(生理的前弯)を前側から支えることが主な作用。

    むちうちなどで、靭帯にゆるみが生じていると過緊張になりやすく、筋膜性の疼痛も残りやすい特徴があります。

    頸長筋の柔軟性がなくなると頸椎の前弯カーブが崩れ、首こり・肩こりなどの原因になるので、解剖学構造を理解したストレッチやリリースが重要。

    【頸長筋】神経支配

  • 頸神経(C2~C6)
  • 【頸長筋】働きを3D動画(解剖図)で確認

    【頸長筋】触診

    深層にあるため直接的な触診は難しいですが、解剖学的な位置を理解していれば収縮を手で触れて感じることはできます。

    【頸長筋】ストレッチとリリース

    【頸長筋】はスマホやパソコンの使用などを使用している姿勢で短縮したまま動かず弱化しやすい筋肉なので、意識して【頸長筋】ストレッチや【頸長筋】リリースをする時間を作りましょう。

    背骨と骨盤をニュートラルにした基本姿勢から、首全体を丸めながら目線を少し下に下げる意識で顎をひきます。

    顎を引こうとするとより浅層の大きな筋肉が働いてしまうので、頸長筋の動き(解剖図)をイメージしながら、ごく小さな動きでうなずきや横を向く運動を行いましょう。

    頸長筋を意識して動かすことで首回りの筋緊張のバランスが整い、頸椎の生理的湾曲が正常化すると、頭が軽く感じられるようになります。

    椎前筋とは?どこにあるどんな筋肉?

    椎前筋とは首の筋肉の中でも1番深層(骨の近く)にあり、頸部脊柱の前面に接して縦(上下)に走行する4つの筋肉の総称です。

    タイトルとURLをコピーしました