【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分!

  • 【肉体年齢】を決める水分量の真実〜筋肉も骨もほとんどが水分! はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

肉体年齢を決める重要な視点のひとつとして体内の70%を占める水分に注目する必要があります。


水分量が多いほど若い印象を与えるのは、赤ちゃんとお年寄りの肌を比較すると容易にイメージがつくかと思いますが、人体の約7割が水分というのは知識としては知っていても、人体の6割近くを占める骨や筋肉などが水分のイメージと結びつきにくく、いまいちピンとこない人が多いと思います。


体内の水分量が70%であることと、なぜ若さに影響するのかいうことをわかりやすく整理してまとめました。

人体を構成するもののほとんどが水分

体内の水分量が70%と言われると、液体の中に各臓器や組織があるようなイメージをもってしまいがちですが、各組織そのものが水分を豊富に含んでいて、脳・心臓・肺・胃・腸・肝臓などはプルプルで水分に富んだゼリーのようなものです。

更に人体には、栄養や酸素を全身に巡らせたり人体が円滑に動くように潤滑油の役割をしている、血液・リンパ液・脳せき髄液・消化液などの様々な液体が流れていて、各臓器を守ったり、各臓器の一部にもなっています。

カチカチの固い印象のある骨にも造血機能という血液を作る機能があり、外周の部分は水分は少ないのですが、骨の内部や関節面を作っている関節軟骨などは水分を多く含む組織なので、骨の水分量が減ることは、骨粗しょう症に繋がります。

更に、骨と骨で構成される関節は関節液で満たされ、関節運動を円滑にする役割をしていて、関節間の水分が不足すると関節の炎症が起こりやすく、高齢者に多い膝関節症は関節内の水分の減少が大きな要因です。

筋肉の構成成分もほとんどが水分

固い塊のようなイメージがある筋肉も、約60〜70%が水分(血液の集まり)です。

筋肉を収縮させる運動には酸素供給が不可欠な為、酸素の供給器官である血管(毛細血管)がまず伸び、血管だけではとても弱いのでそのまわりを補強するように筋繊維が発達します。

若さの秘訣は水分の質と量

体内の水分量が70%にもなる理由や水分量が若さを決める理由がなんとなくイメージできましたでしょうか?

人体を構成している細胞そのもの、そして人体の活動を円滑に行うための潤滑油の水分量を合わせると全体の70%を占め、その質や量は直接筋肉や各細胞の質に影響しているため、水分量が若さの指標になるのです。

よい水分(食事)を摂取し、よい姿勢を保ち、体内の水分循環をスムースに保つことが健康にとても重要な理由がより深く理解できたのではないかと思います。

70%の水分量が維持できることで、体内の細胞は生き生きとし各組織が安心して働くことができ、若さと健康が維持できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

3Dシステムの詳細はこちら!

動画も配信中!

おすすめカテゴリー記事