脳幹の役割 ~大脳と脊髄をつなぐ神経のスクランブル交差点~

この記事は2分で読めます

脳の仕事は部位ごとに明確に分担されているって知っていますか?

意識、無意識に関わらず、人間のすべての営みは脳を最高中枢とする神経により制御されています。

脳からの指令は、脊髄を伝わって、全身へ届けられますが、脳と脊髄をつなぐ重要な役割を担っている脳があります。

脳幹の役割について説明できますか?

脳幹の機能について理解しましょう。

この章を読むとあなたは、脳の機能分類のうち、「脳幹の働き」について理解できるようになります。

脳幹の役割  ~大脳と脊髄をつなぐ神経のスクランブル交差点~

大脳と脊髄をつなぐ中継地点があります。

構造上は、脳に分類され、とても大切な機能が集約されています。

脳神経の神経線維の中継点である脳神経核、すべての求心性繊維、遠心性繊維が集合した通路、
〜つまり、大量の人々が行き交う渋谷のスクランブル交差点みたいに忙しい場所〜
それが脳幹です。

それでは、その脳幹の構造と役割について説明していきます。

基本的構造

中脳、橋、延髄を総称して『脳幹』といい、左右の大脳や小脳に挟まれて存在します。
*間脳(視床、視床下部)を含める場合もあります。

間脳から連続して中脳に移行し、橋、延髄、脊髄と連なっていきます。

中脳

正中の陥凹部:動眼神経
左右の膨大部:大脳脚:
-大脳皮質から脳幹にある脳神経核や脊髄、小脳に至る神経路の通路
滑車神経:脳幹背側から出る唯一の脳神経(下丘のすぐ下から出る)

外側中央部:三叉神経
延髄との境界部:外転神経
小脳橋角部:顔面神経、聴神経

延髄

錐体:正中部の溝を挟んだ体軸方向の隆起
運動神経線維の通路
オリーブ:錐体が外側の高い隆起
舌下神経、舌咽神経、迷走神経、副神経

基本的内部構造
遠心路

錐体路
大脳皮質運動野から顔面、手足、体幹に運動の指令を与える以下の経路の総称
皮質脊髄路:手足、体幹に命令を送る
-延髄の錐体部で繊維が交叉(錐体交叉)
皮質延髄路:顔面、咽喉頭、項頚部の諸器官の運動に関与
-錐体は通らず、脳幹にある脳神経核という中継点に入る直前で交叉

求心路

複数の経路があるがすべて視床に集まり、新しいニューロンとして、大脳皮質知覚領野に集まる

脳神経核

脳神経のニューロンの中継地点
第3~12の脳神経核が、脳幹にあり転在している。

脳幹網様体

構造
網様体:神経核と神経軸索が入り混じって
網状になった組織で、
脳幹中央部を、尾側から中脳、橋、延髄、上部頸髄まで広がる

役割
網様体賦活系

上行路網様体賦活系
求心性神経路の一部が脳幹網様体にも神経線維を送っていて、大脳皮質知覚領域で、認識されやすくする為の指令を視床経由で、大脳皮質や大脳辺縁系に送っています。

大脳での知覚情報の認識力向上意識の保持に関与しているので、
障害されると・・・・
痛みや音などの知覚刺激が伝わりにくくなり覚醒障害が生じる

下行性網様体賦活系
錐体外路に属し、姿勢の保持や平衡機能維持のための筋緊張の調整

障害されると・・・・
中脳の障害:徐脳硬直(異常筋緊張の亢進)が生じる

 

まとめ 

脳は、様々な機能を持つ心身の中枢ですが、その脳の役割も細かく分かれています。

脳の役割分担、心身の機能との関連性を理解することは、人の理解にもつながる非常に重要な知識です。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 2017 02.05

    失認って何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク