上頭斜筋(後頭下筋群)【3D筋肉・解剖学】

この記事は2分で読めます

頭の位置と目線を調整する後頭下筋群のひとつ【上頭斜筋】
パソコンやスマホ使用時などの不良姿勢で起こる首こり・めまい・手の痺れなどで辛い時にセルフメンテナンスできるように3D動画を使ってわかりやすく解説しています。

上頭斜筋の概要

  • 名称:上頭斜筋
  • ふりがな:じょうとうしゃきん
  • 英語名:Obliquus Capitis Superior Muscle
  • 首(背部)の筋肉の中でも1番深層(骨の近く)にあり、後頭下筋群(後頭下部から環椎、軸椎に至る4筋の総称)のひとつ。
    (後頭下筋群:大後頭直筋、小後頭直筋、下頭斜筋、上頭斜筋)

    上頭斜筋・下頭斜筋・大後頭直筋が作る3角形の中を神経や血管が通り、内耳や脳に繋がっています。

    *背面にある筋肉は解剖学上背部の筋肉に分類されますが、首の動きに直接関与する深層筋で、前面にある頸部筋との関連も重要なため、首の筋肉としても分類しています。

    背骨を構成するパーツの中で1番可動性があり、負担がかかりやすい頭蓋骨直下の環椎(1番目の椎骨)と後頭骨をつなぐ筋肉。

    あらゆる姿勢において、目線を水平に保つために重要な働きをします。

    環椎と頭蓋骨の動きに直接的に関与するため、脳への血流や脊髄神経の働きを左右するとても重要なインナーマッスル。

    上頭斜筋の起始・停止

  • 起始:環椎の横突起前面
  • 停止:後頭骨の下項線の外側部外上方
  • 上頭斜筋の作用


    解剖学的表現

    ・環椎後頭関節の伸展・側 屈・対側回旋



    日常でのイメージ

    ・頭部を後方に引き直立位を保持
    ・横を向く・首を回すなどの運動に関与

    実際には首の位置を動かすというよりも、首の上の重い頭が前に転がり落ちないように後ろから支えるのが主な役割。
    上頭斜筋の作用により、首の位置を調整し、どんな姿勢になっても目線を水平に保つことができます。
    また、環椎に付着しているため、上頭斜筋の緊張状態が、脳への血流や脊髄神経の働きにも大きく影響します。

    上頭斜筋の神経支配

  • 後頭下神経(C1)
  • 上頭斜筋の働き(後頭下筋群)を3D動画で確認

  • 1:大後頭直筋
  • 2:小後頭直筋
  • 3:上頭斜筋
  • 4:下頭斜筋
  • 上頭斜筋を触診

    「上頭斜筋」よりも表層に多くの大きな筋肉があるため、直接触れることはできませんが、収縮と弛緩は確認できます。

    頭蓋骨の下端(首の付け根)の深層に「上頭斜筋」があります。

    動作をするための筋肉というより、姿勢を維持するための筋肉なので、表層の大きな筋肉が動かない程度の小さな動きで十分に収縮を確認できます。

    上頭斜筋をほぐす方法

    首こりで眼精疲労やめまいなどを感じた時のセルフメンテナンス

    大きく首を動かすストレッチでは、表層の筋肉も一緒に動いてしまい、「上頭斜筋」を効率よくほぐすことができません。

    上頭斜筋を触診をする方法で指をあて、手の熱で温めながら、小さく、ゆっくりと収縮させる方向へ動かしてください。

    ペットボトルにぬるま湯を入れタオルを巻いて首の下に入れ軽く動かす方法もオススメです。

    パソコンやスマホ姿勢で引っ張られ硬直していた「上頭斜筋」がほぐれ、首こり、眼精疲労、肩こり、腕の疲れなどが解消します。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事