大脳基底核の役割とパーキンソン病 その1 【症状】

この記事は3分で読めます

パーキンソン病の症状について説明できますか?

パーキンソン病について、【症状】【原因/病理】【検査/診断】【治療】【予後】と5つの観点に分けて解説しています。

この章ではパーキンソン病の症状について解説します。

この章を読むとあなたは、パーキンソン病の症状について理解できるようになります。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病とは?
名前の由来

1817年にイギリスのジェームスパーキンソンという医師がこの病気を「振戦麻痺」として発表したことに由来しています。発見者(発表者)の名前がつくのは、よくあることですね。

好発年齢

40歳以降
*極稀に、遺伝性に発症する場合があるが、その場合は、20歳代から発症するケースも報告されています。

典型的な症状

4大症状と呼ばれる以下のような症状があります。

1:振戦
2:筋固縮
3:無動
4:姿勢反射異常

ひとつひとつ詳しくみてみましょう。

1:振戦

自分の意識とは、関係なく起こる「振え」のことです。
安静時、つまり意識的な行動をしようとしていないときに起こるのも特徴です。(安静時振戦)

動かそうとしていないのに、勝手に身体がふるえちゃう!!

初期症状として、最もよく現れます。
最初は、左右どちらかの手または足から始まり、反対側へ広がっていきます。(N字型 または 逆N字型)
進行すると体幹や口唇など顔でもみられるようになります。

 

2:筋固縮(強剛)

筋肉の緊張が、常に亢進している状態で、手足を屈伸させてみるとまるで、鉛を曲げているような抵抗を感じます。
1の振戦が加わってくるとまるで歯車を回しているような抵抗を感じます。
これも、本人に自覚はありません。

え、固いんですか?

 

3:無動

日常のすべての動きが遅くなります。

私たちが普段、無意識に行っている瞬きだったり、表情の変化がなくなるので仮面様顔貌と呼ばれる固い顔つきになったり、書いている字がどんどん小さくなったり、(小字症)声も小さくて、聞き取りにくくなったり、(小声 特に語尾)歩く歩幅や動作の時の動きがどんどん小さくなっていきます。

一時的に凍り付いたように動かなくなったりして、動作開始にものすごく時間がかかったりずっと同じ姿勢で静止していることもあります。

いや、今動こうとしてるんですけど...そんなに時間かかってます??

4:姿勢反射異常

とっても転びやすくなります。
普段私たちは、多少バランスを崩しても、反射的に修正することができますし、万が一転倒しそうになっても、手を出すなどの保護伸展反応が働きますが….これらの反応が正常に働かなくなるため、非常に転倒しやすい状態になります。

この症状が出始める頃には、歩行自体も困難になっていて、小刻み歩行(前屈みの姿勢で、歩幅の小さい歩き方)すくみ足歩行(床に足がくっついたような状態になって前へ進めない)などという症状が顕著になりますし、逆に歩いていると、どんどん加速していって止まれなくなったりする「突進様歩行」もみられるようになってきます。

自分の動きがコントロールできない.....誰か止めて....

 

全体的なイメージ

運動麻痺も感覚障害もないのにとにかく「動きにくい」、でも動き出したら制御ができない

乗り物でいうと、アクセルが効かないのに、ブレーキもかからない、みたいな感じですので、非常に危険ですし日常生活すら非常に困難になるのは容易に想像できると思います。

更には、便秘、あぶら顔、多汗、よだれ、起立性低血圧などの自律神経症状や抑うつなどの精神症状もみられるという特長があります。

 

原因と病理

なぜこのような症状が出て来てしまうんでしょうか?
運動麻痺や感覚障害はないのに動きが上手くコントールできないという特徴から原因がある場所は限定されてきます。
運動機能の調節ができないことで症状が出ていると考えられるので、中枢神経である”脳”の運動機能を調整している部位になんらかの原因がありそうですよね?

パーキンソン病は、脳の大脳基底核と呼ばれる部分の変性に原因があると言われています。

その2では、大脳基底核の働きについて学習しながら、パーキンソン病の原因と病理について解説していきます。

 

 

まとめ 

神経内科学とは正常との比較から病理を追求する学問です。

 

人間にとって正常な状態から逸脱する何かが起こった時、それは病気になります。そのため、病気がどうかを知るためには、まず正常を正しく理解している必要があります。

神経内科学においては、病名や症状を覚える事に意味はありません。それらは全て後付けだからです。

病気や病理について学び、理解を深めることの意義は、なぜその症状が起こるのか、を正常との比較から追求していく事により、問題点を導き出してより適切な解決方法、予防方法を探求していくことにあります。

この考え方でできるようになる事によって、健康維持を含めあらゆる身体の問題解決ができるようになる力が育成されていきますので、この観点を忘れずに勉強していきましょう。

病気や病理は、知るのではなく理解する事、自分自身の健康維持に生かして初めて有意義なものになります。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク