【病理学】とは?病気が発信する異常サインをキャッチしよう!

  • 【病理学】とは?病気が発信する異常サインをキャッチしよう! はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

病理学は病気の原因や発生機序を明らかにしていく学問で、正常の身体の構造や仕組みを理解した上で病理学を学べば、病気のサインに早く気がつけるため、早期に適切な対処ができます。


病理学と正常の人間の仕組みを学んで、病気が発信する異常サインを正しく読み取り、病気の予防や早期改善に役立てましょう!

病気はサインを送っている

病気は、あるとき突然やってくる訳ではありません。

ほとんどの病気では、ごく初期の段階からあなたの身体を通じて【異常のサイン】を送っています。

病気が発信する【異常のサイン】に気がつくためには、正常の身体の仕組みを知っていることが大前提。

正常から逸脱をはじめた時(病気の初期)に身体が発信しているサインに気がつくことができれば、早期に適切な対策ができるようになるので、問題が大きくなることを防げます。

病理学とは

病理学とは、病気が発信する【異常のサイン】を解明していく学問です。

病気の原因、発生機序の解明や病気の診断を確定するのを目的とする医学の一分野で、細胞、組織、臓器の標本を、肉眼や顕微鏡などを用いて検査し、それらが病気に侵されたときにどういった変化を示すかについて研究する学問である。

病気が発信する【異常のサイン】が出ている時、身体の中ではどんな変化が起こっているのか解明することで、適切な対処方法がみえてきます。

正常の比較から異常を見つけて対処する

人間にとって正常な身体の状態から逸脱する何かが起こった時私たちは病気になりますが、なぜその症状が起こるのかを正常との比較から追求することで、適切な解決方法・予防方法を探求していくことができます。

  • 「症状」…どんな「異常のサイン」が現れているか?
  • 「原因・病理」…何が原因で、解剖生理学的に身体の中で何が起きているのか?
  • 「検査・診断」…どんな検査で「異常」を調べ、病名を決めるのか?
  • 「治療・予防」…原因に対してどんな対処をしていくのか?
  • 「予後」…これから先どのような症状の経過をとると予想できるのか?
  • 「医学」を普段の健康管理に活かす

    「医学」は、正常の身体の仕組みを理解するとともに、病気の発生の仕組みを理解することで、適切な解決方法をみつけて対処していくための学問です。

    そして、正常を理解して、異常に早く気がつけるようになれば、病気の予防や早期対策が可能になります。

    病気になった人を治療するよりも、人が病気にならずに健康を維持できるように、このサイトを活用して自分の身体に向き合う時間をとっていただければ嬉しいです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事