恥骨筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

太もも内側のインナーマッスル【恥骨筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


骨盤の位置を整え美脚を作りたい場合や運動パフォーマンスを向上させたい場合は、日常生活で意識しずらい内転筋群に注目してトレーニングをしましょう。

恥骨筋の概要

  • 名称:恥骨筋
  • ふりがな:ちこつきん
  • 英語名:Pectineus Muscle
  • 股関節の内転(大腿をひきつけて閉じる)運動時に働きます。

    恥骨筋の起始・停止

  • 起始:恥骨上枝・恥骨櫛・恥骨靭帯
  • 停止:大腿骨恥骨筋線
  • 恥骨筋の作用


    解剖学的表現

  • 股関節を内転(屈曲)

  • 日常でのイメージ

    ・骨盤の安定

    ・特に左右方向へのバランスの調整

    ・脚のラインを真っ直ぐにする

    恥骨筋の神経支配

  • 閉鎖神経・大腿神経(L2~L3)
  • 恥骨筋の働きを3D動画で確認

    恥骨筋を触診

    股関節の内転+屈曲運動で収縮を確認できます。

    恥骨筋(内転筋群)のストレッチと筋トレ


    恥骨筋ストレッチ

    股関節外転運動でストレッチできます。深呼吸をしながらしっかり無理のない範囲で行います。


    恥骨筋筋トレ

    恥骨筋の走行を意識して収縮(股関節内転+軽度屈曲)させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事