知覚伝道路のしくみ ~知覚を伝える求心性経路~

この記事は2分で読めます

感じる仕組みを経路で説明できますか?

「感じる」という機能は、皮膚や関節などの感覚器官を通じて得た情報を脳が認識して初めて完成します。
感じるということがどのようなシステムによって起こっているのかについて理解していることはとても重要です。

感覚器で得た情報を脳へ伝えて感じる感覚の経路について説明しています。

この章を読むとあなたは、刺激を「感じる」までの経路について整理して理解できるようになります。

知覚伝道路のしくみ ~知覚を伝える求心性経路~

知覚神経の上行性ニューロン

運動神経とは逆に、末梢の感覚受容器がある部位が第1次ニューロンとなります。

第1次ニューロン
感覚受容器で感覚刺激を感知

脊髄の後根を通って脊髄内へ

第2次ニューロン
1:温度覚、痛覚:脊髄後角
2:位置覚、振動覚:脊髄後策

第3次ニューロン
視床

大脳皮質知覚領野

知覚の種類毎の神経伝導路
痛覚と温度覚(温痛覚)

痛覚と温度覚は、同じ経路をたどります。

四肢体幹の温痛覚

第1次ニューロン
温痛覚の受容器から伸びた神経線維

脊髄後角で
第2次ニューロンとシナプスを形成

1~2髄節上行した後中心管の前方を通過し、反対側の脊髄側策前方を上行
(外側脊髄視床路)

視床
第3次ニューロンにシナプス

大脳の皮質知覚野

-顔面の温痛覚

第1次ニューロン
受容器

三叉神経節神経細胞



三叉神経脊髄路核(延髄)
2次ニューロンに乗換え交叉

視床
第3次ニューロンにシナプス

大脳の皮質知覚野

触覚/深部覚

触覚の種類に応じて別の経路を通ります。

-四肢、体幹の微細触覚/深部覚

第1次ニューロン
受容器から伸びた神経線維

同側の後策に達し、上行

延髄下部の後策内(薄側核、楔状束核)
第2次ニューロンとシナプスを形成
反対側へ交叉

内側毛帯を上行

視床
第3次ニューロンにシナプス

大脳の皮質知覚野

-顔面の微細触覚/粗大触覚/深部覚

第1次ニューロン
受容器

三叉神経節神経細胞



三叉神経主知覚核
2次ニューロンに乗換え交叉

視床
第3次ニューロンにシナプス

大脳の皮質知覚野

-四肢、体幹の粗大触覚

第1次ニューロン
受容器から伸びた神経線維

脊髄後策

数髄節上の脊髄後角
2次ニューロンにシナプス

前交連(交叉)

脊髄前策
(前脊髄視床路を上行)

視床
第3次ニューロンにシナプス

大脳の皮質知覚野

脊髄での知覚伝導路の並び方

外側から
会陰部

下肢

体幹

上肢

の順に配列

まとめ 

症状から障害部位が推測できるようになる

正常のシステムを知っておくことで、表に現れている症状から障害部位を推定できるようになります。

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク