鋤(すき)のポーズ(ハラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【3Dヨガ解剖学】

3Dヨガ
スポンサー

鋤(すき)のポーズは上半身を逆転させ、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓・甲状腺機能を高める効果、デトックス効果、若がえり効果の高い人気ヨガポーズです。

3D動画で正しい姿勢やターゲットなる筋肉を理解して安全に行いましょう。

ポーズの名称

  • 鋤(すき)のポーズ(PlowPose)
  • ハラ・アーサナ (Halasana)

期待できる効果

  • 背面ストレッチ
  • 甲状腺機能向上
  • 血流改善
  • 上記に伴う美容・健康効果

3D動画でポーズを解剖学的に理解

ポーズの作り方

  • 仰向けになり、両足は揃えて膝を立て、両手は体側、手の平を下向きに。
  • 両脚を持ち上げ、両腕で床を押してお尻を持ち上げ、足先を頭を超えた床へ。
  • 両膝を伸ばし、肩に体重が乗るように腰を引き上げていく。

意識する筋肉

気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

  • 脊柱起立筋
  • ハムストリングス
  • 腓腹筋
  • 大胸筋
  • 脊柱起立筋群

注意ポイント!

体重は肩で支え、首を痛めないように注意しましょう。頭は床に置くだけです。

背中が丸くなると効果がありませんので肩でしっかりと床を押します。

ハムストリングスの短縮などで膝を伸ばすのが難しい場合は、膝を曲げて背骨が気持ちよく伸びることを優先しましょう。

大胸筋の短縮などで後ろで手を組むのが難しい場合は、無理して組まず体側に置いたり腰を支えたりしてもOKです。

腓腹筋の短縮などで足関節の背屈が難しい場合は、気持ちよく背骨が伸びることを優先して調整しましょう。

タイトルとURLをコピーしました