胸椎から肩こり・首こり・腰痛を解消 【3D 解剖学・運動学】

この記事は2分で読めます

姿勢の悪さが原因で肩こり・首こり・腰痛が生じますが、症状の出ている首回りや腰回りだけにアプローチしていませんか?

肩こり・首こり・腰痛が慢性化してしまっている場合、キーになるのは胸椎です。

胸椎の役割に重点をおいた姿勢評価と肩こり・首こり・腰痛対策について説明します。

胸椎の可動性低下が肩こり・腰痛・首こりを慢性化させる

まずは3D動画で悪い姿勢が原因で、肩や腰に負担がかかる姿勢が完成するまでの流れをご覧ください。

肩こり・首こり・腰痛が慢性化・悪化する理由

悪い姿勢が完成する流れは以下の通りになります。

  • 首を前に出そうとすることで胸椎の後弯が増強
  • 肩や腕が内側に入り込む
  • 胸椎の柔軟性がなくなる
  • 首の位置を戻そう(姿勢を正そう)として、腰椎と頸椎の前弯が増強させる。
  • 背骨のアライメントが崩れ、首や腰回りの痛みや張りなどの不快症状が生じる
  • *もちろん、ここで胸椎から姿勢(背骨のアライメント)を元の位置に戻せれば問題ないのですが、多くの人は背骨のアライメントを元の位置に戻すという意識がないので、頭の位置を元に戻すため、頸椎や腰椎の前弯を増強させてしまいます。

    また、胸椎を動かすという意識を持つことが難しく、胸椎の可動性が悪化していくので、アライメントの崩れが慢性化し、肩こり・首こり・腰痛も慢性化/悪化します。

    背骨(頸椎、胸椎、腰椎)は連動する

    背骨は、解剖学的に見ると、上から7本の頸椎、12本の胸椎、5本の腰椎で構成され、頚椎、腰椎は主に姿勢を安定させ、胸椎の可動性を活かすことで、全体として負担の少ない動きができるようにできています。

    つまり背骨の動きのキーは、胸椎です。

    胸椎の動きを固定させてしまうと、頚椎、腰椎に過剰な湾曲や動作を強いることになり、周りの筋肉や組織にも大きな負担がかかり、肩こりや腰痛が生じ、慢性化します。

    胸椎の状態を評価

    第1胸椎(T1)と第12胸椎(T12)から伸ばした線を結んだ角度が45度以上になっている場合は要注意です。

    頭部の位置、骨盤の傾きなどに合わせて胸椎後弯角度と柔軟性もチェックしましょう。

    胸椎に意識を向けて正しい姿勢に

    国民病と言われる程日本人のほぼ全てが悩んでいる肩こり・首こり・腰痛。

    スマホやパソコンを日常的に長時間使う現代の生活では意識して姿勢を整えない限り、肩こり・首こり・腰痛はどんどん悪化していきます。

    肩と腰なので、頚椎と腰椎のチェックやケアを一生懸命頑張ってしまいがちですが、それでは症状を悪化させてしまうリスクがあります。

    胸椎の柔軟性を高め、胸椎の動きから姿勢(背骨全体としてのアライメント)を正す意識を持つようにしましょう。

    胸椎から姿勢を整えるコツ

    まずは3D動画を見て、自分の身体の中で背骨(頸椎・胸椎・腰椎)がどんな構造になっているかイメージしましょう。

    背骨の姿勢の変化は、胸椎への意識が重要です。

    猫背や前屈みの姿勢、スマホ首の状態から姿勢を整える場合は、胸椎から背骨のアライメントを整える意識が必要です。

    以下は姿勢を整える時によく使われる言葉ですが、とても的を射ています。

  • 胸を張る
  • 頭を上から引っ張られるように背筋を伸ばす
  • 姿勢が悪くなってきたな、と感じたら、首や腰を後ろに反らすのではなく、胸を張りつつ頭を上に引っ張っていくように背骨を伸ばす意識を持つことから始めましょう。

    徐々に胸椎から姿勢を整えていくイメージが実感できるようになります。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    動画も配信中!