【呼吸筋】呼吸に作用する筋肉まとめ

この記事は約4分で読めます。

【呼吸筋】は、「呼吸ポンプ筋」として肺の周りを囲むように存在する筋肉で、胸郭に付着している筋肉は全て呼吸に作用します。

【呼吸】に作用する筋肉について、わかりやすく整理しました。

【呼吸筋】とは?

【呼吸筋】は、胸郭を動かして肺による呼吸をサポートする筋肉(骨格筋)です。
胸郭に付着している筋肉は、全て直接的、または関節的に呼吸に関与します。

【呼吸筋】作用

【呼吸筋】は、胸郭の拡張(吸気)または縮小(呼気)に協調して作用します。
私たちは、意識的に呼吸をすることもできますが、無意識でも呼吸が止まりません。(止めたら死んでしまうので!)
これは、【呼吸筋】は疲労しにくい繊維でできていて、自分の意思で動かすこともできますが、無意識でもコントロールされているからです。
呼吸筋のうち、胸郭を拡張して息を吸い込みやすいように作用する筋肉を吸気筋、反対に胸郭を縮小して(広がった胸郭を戻して)息を吐きやすいように作用する筋肉を呼気筋と分類して呼ぶ場合もあります。

【呼吸】基本的なメカニズム

人間は何も食べなくても数週間、水を飲まなくても数日は生きられると言われていますが、呼吸を止めたら5分ほどで生命活動は停止してしまいます。
眠っている間も休むことなく繰り返される呼吸は1日安静に過ごしたとしても23,000回にもなるそうです。
呼吸(肺での酸素交換)には、理論的には胸郭に付着している筋肉が全て関与しますが、安静時呼吸の7-8割は横隔膜の作用によるものです。
上に凸になっている横隔膜が息を吸う時に収縮し、停止部(中心)が起始部にひっぱられて平に近くことで胸腔が広がり、肺の周りの圧力を下げる(陰圧)ことで、肺に空気が入ります。
胸郭が広がる時は肋骨を引き上げる筋肉も同時に作用していますが、努力呼吸時には横隔膜以外の筋肉がより強く作用します。
息を吐く動作は、息を吸う動作のリバースアクション(筋肉が緩んで自然と吐く方向に作用する)ですが、意識的に息を吐く時は、肋骨を引き下げる作用のある内肋間筋などが強く働きます。

【呼吸筋】吸気筋

主要な吸気筋は横隔膜と外肋間筋で、胸鎖乳突筋、斜角筋、大胸筋、小胸筋、前鋸筋、後鋸筋、広背筋、頸板状筋などがが補助的に作用します。
また、胸郭と接続している上肢(肩甲帯)に付着している全ての筋肉も、逆作用(遠位から近位の筋肉の働き)で吸気筋として作用させることもできます。(深呼吸したい時は腕を広げたりしますよね)
  • 横隔膜
  • 外肋間筋
  • 胸鎖乳突筋など肋骨引き上げに作用する筋肉群が補助的に作用

【呼吸筋】呼気筋

平常時やリラックスした時の呼気は、肺の弾性収縮力と表面張力によって受動的に生じますが、意識的な呼気(努力呼気)には、肋骨を引き下げる作用のある呼吸筋が働きます。
具体的には、内肋間筋、再内肋間筋、肋下筋、および腹筋群(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)です。
また、腸肋筋、最長筋、下後鋸筋、腰方形筋など胸腰部の筋肉も作用します。
呼気筋は、運動時でより多くの酸素が必要な時、意識的に呼吸をする時、肺など呼吸器に機能障害がある時などにより強く大きく作用します。
  • 内肋間筋、再内肋間筋、肋下筋(肋骨引き下げ)
  • 腹筋群(肋骨を引き下げて横隔膜を押し上げる)
  • 腰方形筋(肋骨引き下げ)など

【呼吸筋】部位別

【胸郭】に接している筋肉は、全て呼吸に作用します。

胸部・胸郭の筋肉

胸部の筋肉は、胸郭を拡大縮小させることで、呼吸に作用します。

合わせてチェック!
【胸郭筋肉と胸筋】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【胸郭筋肉と胸筋】とは、「胸板やバストの土台を作り上肢運動に作用する胸筋」「胸郭(肋骨)運動作用して呼吸を補助する筋肉(前面および背面)」「胸部と腹部の境にあるメインの呼吸筋であり全ての筋肉のコアとなる横隔膜」を含みます。 【胸郭筋肉と胸筋】の解剖構造や役割を整理できるように、イラスト図解を用いてわかりやすくまとめています。 【胸郭筋肉と胸筋】構造と役割 【胸郭筋肉と胸筋】とは、体幹胸壁に付着する筋肉で、胸郭運動(呼吸)や上肢(肩甲帯)運動に作用しま...
【肩関節(肩甲帯)の筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、上肢運動に関与する骨と体幹軸を繋ぐ構造で肩甲帯の安定と運動に作用する筋肉群です。 【肩関節(肩甲帯)の筋肉】を一覧にまとめ、解剖学(起始停止、作用、神経支配)や筋トレやマッサージなどのやり方は、筋肉詳細ページで説明しています。 【肩関節(肩甲帯)の筋肉】とは?構造と役割 【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、上肢運動に関与する骨と体幹軸を繋ぐ構造で肩甲帯の安定と運動に作用する筋肉群です。 主に肩甲骨や鎖骨から上腕骨へ走行し...

上肢(肩甲帯)の筋肉

例えば深呼吸など息を大きく吸いたい時、腕を広げたり上に挙げたりします。

腕を挙上することで間接的に胸郭引き上げに貢献するので、呼気を補助できます。

合わせてチェック!
肩関節(肩甲骨)の筋肉を一覧にまとめました。
肩関節は人体の中でも一番運動方向の多い関節で、可動域も大きいという特徴があります。肩関節の運動に関与する筋肉の起始停止や作用(運動方向)をイラスト解剖図で理解して、肩こり予防改善、四十肩や五十肩、スポーツによる脱臼などの肩のリハビリを効果的に実践しましょう。

腹部・腹腔の筋肉

腹部の筋肉は主に努力呼気や有酸素運動時など、肺呼吸を補助する必要がある時に強く作用します。

また胸郭と関節を作る上肢(肩甲帯)の筋肉も間接的に呼吸に作用します。

 

合わせてチェック!
【腹筋の種類】一覧まとめ〜腹筋とはどこにあるどんな筋肉?〜【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【腹筋】とは、体幹前面胸郭下にある腹腔を覆う筋肉群のことです。 【腹筋】を正しく鍛えると、「お腹を凹ませる」「バキバキのシックスパックを作る」「きれいなウエストラインやお腹の縦線を作る」「腰痛予防」「脚を細くする」「疲れにくい身体を作る」「声量を上げる」など多くの人の悩みを解消できます。 目的に合わせて効果的に【腹筋】を鍛えるために、腹筋の種類とそれぞれの解剖学構造を包括的にイラスト図解を使って理解(イメージ)することから始めましょう。 【腹筋】の種...
【インナーユニットとは?】正しいコア(体幹)トレーニング(鍛え方)のためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学
トレーニング効果が出ない、怪我が多い、腰痛や肩こりが治らない、一生懸命運動しているのに効果が出ないと悩んでいるなら、【インナーユニット】に注目してみましょう。 背骨のアライメントを整えて姿勢を根本から改善し、下腹が凹んでくびれたウエストを作りたいならば、まず注目して鍛えるべきは【インナーユニット】について、イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 その腹筋トレーニングで痩せない理由 さて、あなたが【腹筋】を鍛えるトレーニングをする理由は何です...

頸部の筋肉

スポーツをしたり息が苦しいと感じる時、私たちは無意識に顎をあげたりして気道を広げようとしますが、この時頸部の筋肉が作用しています。

頸部には肋骨上部に付着して肋骨を引き上げる作用も含む筋肉もあるので、胸郭を広げる呼吸(吸気)補助筋としても作用します。

合わせてチェック!
【頸部(首)筋肉まとめ】首肩こり&目疲れ解消ストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【首の筋肉】の緊張状態は「首こり」「眼精疲労」を始め、「肩こり」「老け顔やほほのたるみ(ほうれい線)」など、スマホが手放せずパソコン作業が多い現代人の悩みに直接的に影響しています。 【首の筋肉(頸部筋)】の解剖学構造を理解すると、目・首・肩周りの辛い症状が連動する理由や個別の症状に合わせた具体的な対処法(ストレッチ・マッサージ・姿勢改善など)を自分で考えられるようになります。 筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページで確認できるように【首の...

背骨および背中(腰部含む)の筋肉

胸背部の筋肉は肋骨の引き上げ、腰背部の筋肉は肋骨の引き下げをサポートして呼吸に関与します。

合わせてチェック!
【背筋(背中と背骨の筋肉)まとめ】トレーニングやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【背筋】は、背中、ウエスト、肩のバックラインを構成すると共に、背骨を含む姿勢や運動に関与する筋肉と上肢(肩甲骨)や肋骨(呼吸)運動に作用する筋肉を含みます。 背筋の名称(名前)と解剖学構造(起始停止・作用・神経支配)を層構造や役割別に分けて一覧にまとめました。 【背筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【背筋】は、体幹背面部分脊椎全長(後頭部下から骨盤あたり)にわたり存在する筋肉群のことで、背骨や体幹を安定させながら、腕や脚と体幹の協調的な運動に作用して...

 

タイトルとURLをコピーしました