Youtubeで3D動画を配信中!

ねじった体側を伸ばすポーズ (Revolved Side Angle Pose) パリヴルッタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ (Parivrtta Parsvakonasana)【ヨガの3D解剖学】

ねじった体側を伸ばすポーズ (Revolved Side Angle Pose) パリヴルッタ・パールシュヴァコーナ・アーサナ (Parivrtta Parsvakonasana)【ヨガの3D解剖学】

体側を伸ばして、更にねじる動作を加えたポーズ。

三角ねじりのポーズに似ていますが、より強度が高く、脚の引き締め効果が高いポーズです。

期待できる効果

  • 骨盤調整
  • 背骨調整
  • 体側ストレッチ
  • ウエストシェイプ
  • 脚(太もも、ふくらはぎ)の引き締め
  • 3D動画でポーズを解剖学的に理解

  • ポーズの作り方
    • 膝立ちになり、手は腰に当て、片足を前に大きく踏み出す。
    • 合掌して上体をねじり、前に出した膝と反対側の肘を合わせる。
    • 背中を頭頂方向へ引き上げ、左右の坐骨は平行のまま。
    • 後ろの膝を伸ばし、太ももを引き上げる。
    • 余裕があれば目線を上に
  • 意識する筋肉

    気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

  • 姿勢のキーになる筋肉
    • 大胸筋
    • 僧帽筋
    • 三角筋
    • 大臀筋
    • 大腿四頭筋
    • ハムストリングス
    • 内腹斜筋
    • 脊柱起立筋
    • 回旋筋
    • 多裂筋
    • 外腹斜筋
  • 注意ポイント!

    重心を支えるのは脚です。
    上半身、特に肩や腕に余計な力が入らないようにしましょう。

    骨盤の位置は平行に!

    くびれを作る腹斜筋の伸びを気持ちよく感じられるように行ってください。

    3Dヨガカテゴリの最新記事