三角ねじりのポーズ(パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ) 効果と正しいやり方【3Dヨガ解剖学】

3Dヨガ
スポンサー

三角ねじりのポーズ(パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ)は、ヨガの最も代表的なポーズである三角のポーズにねじりを加えているので、ウエストや下半身の引き締め効果が期待できます。

腹部をねじって刺激を与えることにより内臓の働きを活性化させる効果もあり、足先から手先までのストレッチで全身リフレッシュできます。

ポーズの名称

  • 三角ねじりのポーズ(Revolved Triangle Pose)
  • パリヴリッタ・トゥリコーナ・アーサナ(Parivrtta Trikonaasana)

期待できる効果

  • 背骨周りのアライメント調整・強化
  • 腹部のストレッチ
  • 背面やもも裏のストレッチ

3D動画でポーズを解剖学的に理解

ポーズの作り方

  • 左脚を前後に開いて立ち左手を腰に当てる
  • 息を吐きながら上体を前に傾け、右手を十分に前に伸ばしてから左足の右につく
  • 息を吸いながら上体を左にねじり左腕を上げる
  • 首を回旋させ目線が左手の方を向くようにする
  • *反対側も同様

意識する筋肉

気持ちよく呼吸をしながらターゲットマッスルを意識して行いましょう。

  • 脊柱起立筋
  • 回旋筋
  • 多裂筋
  • 上腕三頭筋
  • 大胸筋
  • 腰方形筋
  • 梨状筋
  • 中殿筋
  • 大臀筋
  • 内閉鎖筋
  • ハムストリングス
  • 腓腹筋
  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋

注意ポイント!

本来は全身の広がりを感じる気持ちの良いポーズですが、腰、膝、肩、首に違和感を感じるようであれば無理をせずに個別に姿勢を調整しましょう。

ハムストリングスの短縮がある場合は、手の平を床につけることが困難ですので、以下のように膝をもつ、ブロックを利用する、膝を曲げるなどの対応をしましょう。

首筋に違和感がある場合は、下を向いたままで構いません。
首を回旋することにこだわると首を痛める可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました