「すぐ結果が出る」からダメになる

この記事は3分で読めます

ノーベル賞受賞教授の言葉”「役に立つ」という言葉はとても社会をダメにしていると思っています”の真意は?


2016年10月、
医学・生理学賞を東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル賞を受賞しましたよね。とても親しみやすい印象の大隅良典栄誉教授ですが、そのコメントの中で忘れられない言葉があります。

私は「役に立つ」という言葉はとても社会をダメにしていると思っています。

すぐに役に立つことを研究していても、それは大発見や大きな成果には結びつかない。

「役に立つ」という言葉はとても魅力的ですが、その言葉の真意をあなたはどう考えますか?

 

目先のことだけにとらわれず、本質を見極められる力が必要

世の中に溢れる間違った情報に惑わされず、あなたの健康や人生を大切にして生きるための考え方がわかるようになります。

 

“すぐ使える人”は”すぐダメになる人”

大学の入学式での忘れられない言葉。

大隅良典栄誉教授の言葉を聞いた時、大学の入学式で新入生に向けて学長から送られたメッセージを思い出しました。正確な言葉を覚えていませんが、要約すると以下のようになり、ノーベル医学・生理学賞を受賞した東京工業大学の大隅良典栄誉教授の言葉とかなり類似します。
(ちなみに、この言葉は、私の人生に最も影響を与えた言葉ベスト3に入っています。)

「すぐに役に立つ人間ではなく、リーダーとなれる(世の中や各業界を引っ張っていける)人間を育てている」

「すぐに役に立つ人間は、すぐにダメになる人間だ。」

 

自分で考えて問題解決することができる力を持った人間は無敵である

正直、最初は全く意味がわかりませんでした。すぐに役に立つ方が良い気がしたからです。

ですが、卒業し、社会に出て、「すぐに役に立つ」教育を受けてきた人との違いが明らかに実感できました。

「すぐに役に立つ」教育を受けてきた人の特徴

「すぐに役に立つ」教育を受けてきた人は、教えてもらったテクニックは上手に使えるし、教えてもらった状況で教えてもらった対応はとても上手にできます。一見とても優秀のような気がしてしまいます。

ですが、少し状況が変わったり、何か問題点にぶつかったとき、急に何もできなくなるのです。

つまり、最初がピークでそれ以上の成長が非常に難しく、時代や求められるものが変わった瞬間に全く役に立たない人に変わってしまうリスクが非常に高いのです。

 

「すぐに役に立たない」教育を受けてきた人の特徴

一方、すぐに使えるテクニックのようなものを学ぶのではなく、物事の本質、考え方を優先的に学んできた人達は、最初はうまくテクニックが使えませんし、現場の状況に戸惑うことがあります。一見使えない人です。

ちょっと理解のない人だと、「頭でっかちのくせに何もできないね..」などを思ってしまいがちです。

でも、3ヶ月、半年と現場に慣れてきたときから彼らの力は発揮されます。

次々と問題を解決し、現状を改善し、テクニックも見違えるように上達していくだけではなく、次々と新しいものを生み出して、対象者に合わせて最適化させていくことができます。

ここからはもう無敵で、何が起こっても怖くありませんし、信頼も人望も集まって行きますし、新しい発見やアイディアもどんどん浮かんできます。

 

健康管理にも全く同じことが言える

例えば、

太っているので痩せたいと思ったとき、
血圧が高いので、下げたいと思ったとき、
貧血がひどいのでどうにかしたいと思ったとき、
ニキビや肌荒れを治したいと思ったとき、

まず、即効性があるものを求めてしまいませんか?
具体的に言えば、薬やサプリメントのようなものです。

ですが、その結果得られるのは、一時的な満足のみで、長期的に見ると効果はマイナスの方向に向かっていきます。具体的には、副作用に悩まされたり、身体の本来の機能が低下することによる慢性疾患を患うなど、です。

病気はある日突然なることは、ほぼ100%ありえません。身体の細胞が少しずつ少しずつ変化していき、ある日あなたが自覚した日、もしくは重篤な症状が出る日が突然(と感じる)現れるだけです。

身体の仕組みについて正しく知っていれば、身体を痛めつけるような安易な方法は必然的に選ばなくなりますし、そもそもそんな危険な方法を選ばなくても健康な状態を維持できるようになります。

病気になってからの対処法(すぐに役立つ方法)を学ぶのか、
健康な状態を維持するために自分の身体のことを正しく知る(直ぐに役に立たない方法)を学ぶ方のか、

どちらが豊かな人生を歩めるのかは明白ですよね。

 

まとめ 

すぐに結果を出すことを求めると、健康や確実な成果には結びつかない

即効性を求めると、危険な副作用や常習利用が必要となるような医薬品に頼ったり、身体に過剰な負担をかける結果になり、以前より悪い状態になるリクスが非常に高いです。

より良くするために、頑張ってお金をかけて行ったことで、状態を悪化させ、人生を台無しにするようなことになったら、それほど切ないことはありません。

現代は当たり前のことを当たり前に続ける、という本当に大切なことを忘れて、過激で即効性のある一過性のものが注目されがちですが、当たり前のことを当たり前に続けることが、本当に大切なことであると改めて実感しています。

 

 

 

PS;
ちなみに、この大隅良典栄誉教授、若い頃は、あまり論文を書かず、上司から心配されていたそうです。周りからも「普通の隣のおじさん」と表現されていました。ずっとずっと大切なものを温めてきたんだと思います。ステキですね。

 

質問受付

個別には返信できませんが、次回以降の内容や、FAQ作成時に反映させていただきます。
できるだけ具体的に書いていただけると嬉しいです。

ご意見、ご要望、応援メッセージなども大歓迎です。

いつもたくさんの応援コメント、率直なご質問ありがとうございます。大変励みになっています。

愛& 感謝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

スポンサーリンク