成功者に多く分泌されている神経伝達物質とは?3大神経伝達物質とメンタルの関係

ストレスと心のケア
スポンサー

【成功者】といわれる社会的に大きな功績を残している人は、ある神経伝達物質の分泌量が非常に多いそうです。


人体の活動は全て脳と神経によってコントロールされていますが、神経を伝って情報が伝達されるためには神経伝達物質が不可欠です。

神経伝達物質の働きとメンタル面(社会での成功にも?)に大きく関与する3大神経伝達物質について整理してまとめました。

神経伝達物質とは

人間の全ての活動は、脳をコントロールセンターとして全身に張り巡らさた神経によって制御されています。

神経の仕事は、全身の感覚器官から得た情報を脳に伝えたり、脳からの情報を全身に伝えたりする情報の運び屋さんで、大切な荷物や手紙を安心確実にあなたから、またはあなたへ運んでくれるヤマト運輸や郵便局みたいなイメージです。

この神経の仕事を細胞レベルまで細かく見ていくと、全身に点在する神経細胞(ニューロン)間で信号をやりとり(中継)しながら必要な情報が目的地へ伝達されます。

脳から発信される情報が指先や足先など各部位へ到達するまでには、宅急便が複数の集配センターを経てあなたのもとへ荷物を届けるのと同じようにいくつかの中継先を経る必要があります。

ヤマト運輸の集配センターには荷物を正確に効果的に届けるために有能なスタッフやシステムが必要なように、神経間での情報伝達には、「神経伝達物質」という物質が必要になります。

3大神経伝達物質

現在50種類以上の神経伝達物質が確認されていますが、今回はモノアミン神経伝達物質という情動に大きな影響を及ぼす神経伝達物質の中から、3大神経伝達物質と言われる以下の3つについて説明します。

  • ドーパミン
  • セロトニン
  • ノルアドレナリン
  • 成功者といわれる社会的に大きな功績を残している人は、上記の3つのうちドーパミンとセロトニンの分泌量がすごく多いという報告があります。

    神経伝達物質の性質について少し詳しく見ていくと、なぜ成功者と言われる人にドーパミンとセロトニンの分泌が多いのか納得できると思います。

    ドーパミン

    ドーパミンは「やるきスイッチ」という別名も持つ神経伝達物質で、「快楽神経」と呼ばれる原始的な生存本能を司る原始的神経核からはじまり高度な人間らしさを司る前頭葉(脳の一部)まで達している神経路にスイッチをいれる性質があります。

    「快楽神経系」が興奮すると、快楽を感じ、身体の動きが活発になり、多幸感を感じ、いわゆる「ハイ」な状態になります。

    戦争から帰って来た兵士にドーパミンが増加した例も報告されていて、生きる力・サバイバル能力ともいえます。

    ただし、ドーパミンが覚醒剤ととてもよく似た構造であり(覚醒剤を使用するとドーパミンが過剰放出された時と類似した症状が出る)、ドーパミンが過剰になると幻覚・幻聴・妄想などが生じるようになり、精神分裂病などと類似の症状がでてきます。

    ナチュラルに適量のドーパミンを分泌し続けるためには、規則正しい生活と健康的な食生活、適度な運動、十分な睡眠、そして良い姿勢が不可欠。

    覚せい剤や興奮剤などに頼るのではなく、健康的なナチュラルハイを目指しましょう。

    セロトニン

    セロトニンは、生命維持の根幹となる脳の部分を中心に他の神経系と連携し広い範囲に重要な影響を及ぼす「落ち着き」を保つ神経伝達物質で、心地よさや満足感を与えて他の神経系の抑止力としても作用します。

    過剰な興奮・衝動・抑うつ感の軽減に作用するので、セロトニンの分泌が不足すると鬱になったり暴力的になったりします。

    幼児期に安全な環境になかった野生動物などは「セロトニン」の分泌能力が低く、ストレス環境に長い期間さらされた場合はセロトニンが枯渇していくという報告がありますが、人間の場合も虐待や飢餓など極限的にストレス状況が続くと興奮・衝動・抑うつ感をコントロールすることが難しくなります。

    殺人・殺人未遂・自殺未遂などを起こした人にはセロトニンの濃度が低かったというデータも報告されていますが、反対に「セロトニン」が過剰に分泌されると「てんかん」という脳発作が起こるという報告もあります。

    1日30分程度の運動を習慣化するとセロトニンの分泌が促され抗うつ剤を投与するのと同じ効果があるという研究も出ています

    軽い運動をすることでリフレッシュ効果を感じた経験がない人はいないと思いますが、ストレスの多い現代ですから、軽い運動を習慣化してリフレッシュする時間を持つことは安定した精神状態でいるためにはとても重要なことだと感じます。

    朝のラジオ体操や太陽礼拝などのヨガ、ストレッチなど呼吸と連動させながら行うエクササイズがとてもオススメです。

    ノルアドレナリン

    ノルアドレナリンは、生命維持から全身の機能調整に重要な脳の各部位に幅広く分布している神経系に影響を与える「意欲と生存」の為に必須の神経伝達物質です。

    恐怖や驚愕の体験をすると副腎からノルアドレナリンが分泌され、ストレス回避の為の行動を起こします。

    例えば、怖いものを見たら悲鳴をあげて逃げようとするなどがありますが、児童虐待や飢餓など長期間回避が困難なストレスにさらされた場合ノルアドレナリンは減少し無反応な状態になり、この経験が繰り返されると脳内のノルアドレナリンの感度が上昇するので小さな刺激でも過敏に反応するようになっていきます。

    成功者とアドレナリン・セロトニンの関係

    行動力がある人は成功に最も近い人だと言えるので、成功者にドーパミンの分泌量が多いことも納得できますし、人間社会での成功は温厚な人間関係の元に成り立つものであるので、ドーパミンとともにセロトニンの分泌も多い人は行動と安定のバランスが取れている人と考えられ、成功者とセロトニン分泌量の相関性も不思議ではありません。

    成功者にドーパミンとセロトニンの分泌量が多いというのは何事にも興味をもって楽しみながら行動しつつも冷静な判断を積み重ねてきた結果というひとつのよい事例かもしれません。

    神経伝達物質とメンタルヘルス(心の健康)

    私たちが普段何気なく行なっている活動も脳と神経がものすごく働いてくれているから成り立っているのですが、その際に分泌される神経伝達物質の量やバランスは外部環境やストレスなどによっても変化し、バランスを失うと身体に異常な状態が生じる場合もあります。

    すべてはバランスで何かが過剰でも足りなくても正常な機能は維持できません。

    過剰なストレス環境が神経伝達物質の分泌にも大きく影響を及ぼすということ、心が疲れてバランスが崩れてしまった時に何をどのように対処すれば良いかを知っておくこともとても重要です。

    タイトルとURLをコピーしました