上後鋸筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

肋骨から脊椎に向かって走行し、呼吸を補助する【上後鋸筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

上後鋸筋の概要

  • 名称:上後鋸筋
  • ふりがな:じょうこうきょきん
  • 英語名:Serratus Posterior Superior
  • 呼吸の補助に働く鋸状の筋肉

    上後鋸筋の起始・停止

  • 起始:C6~T2椎体棘突起と項靭帯
  • 停止:第2~5肋骨の肋骨角と外側部
  • 上後鋸筋の作用


    解剖学的表現

    第2~5肋骨を引き上げる(吸息の補助)


    日常でのイメージ

    上位肋骨を引き上げて息を吸う動作を補助します。

    上後鋸筋の神経支配

  • 肋間神経(C8~T4)
  • 上後鋸筋の働きを3D動画で確認

    上後鋸筋を触診

    僧帽筋の真下にあるため直接的な触診は困難です。

    上後鋸筋を鍛える方法


    上後鋸筋エクササイズ

  • 呼吸
    深くゆっくりとした肋骨を動かす呼吸で強化できます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事