Youtubeで3D動画を配信中!

脊髄の構造と役割〜脳と末梢神経をつなぐ中枢神経〜

脊髄の構造と役割〜脳と末梢神経をつなぐ中枢神経〜

脊髄は脳と同じく中枢神経に分類される神経で、脳からの指令を末梢神経に伝達する経路と末梢神経からの情報を脳へ伝える際の経路を構成したり、反射の中枢になっています。


脳と末梢神経をつなぐ中枢神経である脊髄の構造と役割についてまとめました。

脊髄とは

脊髄神経は人体の大黒柱である「背骨」の中を通る神経の束で、人体の司令塔である「脳」から伸びて末梢神経に分岐して全身へ指令を届けたり、末梢神経が伝達する外からの刺激を「脳」へフィードバックする役割をします。

脳と脊髄は合わせて「中枢神経」と呼び、脊髄から伸びる神経は「末梢神経」と呼びます。

脊髄の解剖学的構造

縦の構造

延髄の延長として脊柱の中をお尻まで伸びてきた神経の束で直径は約1.5cmほど。
計31個の「髄節」と呼ばれる小節に別れています。

各髄節では、腹側(前根)から遠心性神経線維と背側(後根)から求心性神経線維が1対ずつ出て合流していて、頸神経8対、胸神経12対、腰神経5対、仙骨神経5対、尾骨神経1対の計31対の神経が末梢の筋肉や感覚受容器向けて伸びています。

横断面の構造

外周部は白質(縦走する神経線維)からなり前索、側索、後索に区分できます。

中央部は灰白質(神経細胞)からなり、H状に広がっています。
前角、側角、後角に区分され、前角から出る繊維を前根、後角から出る繊維を後根と呼びます。

大脳とは逆に脊髄の中央部に灰白質(前角細胞などの神経細胞が集まっている場所)があり、その外側に白質(神経繊維の走行している部分)があること、皮質脊髄路内を通る神経は、外側から仙髄、腰髄、胸髄、頸髄へ行く経路順(つまり、外側から会陰部→下肢→体幹→上肢の順)に配列していることが抑えておくべき特徴。
例えば、頸髄が外側から圧迫された場合、下肢の運動・知覚障害がまず起こり、頸髄の中心部に腫瘍が発生すると上肢の麻痺が先に生じてくるなど障害される部位で症状の出方に特徴があります。

脊髄を保護する仕組み

脳と同様に非常に重要な器官のため、硬膜・くも膜・軟膜という3層の髄膜により保護されていて、 さらに、くも膜と軟膜の間のくも膜下腔と頭蓋内のくも膜下腔と連絡して脳脊髄液に包まれています。

脊髄の発生学的構造の特徴

脊髄は脊柱の発達より遅れて完成し(保護する仕組みができてから作られる)、脊髄の全長は脊椎よりも短いため、末梢に行けばいくほど対応する髄節と脊椎骨にずれが生じます。

第1頸神経は頭蓋骨と第1頸神経の間を通り、以下それぞれの脊椎間を通って末梢へ連絡していますが、脊髄の最下端である仙髄・尾髄は第1腰椎の高さで終わっていて、第2腰椎以下の脊髄空には脊髄はなく馬尾の束(腰堆・仙髄の神経根)で対応する脊椎の出口まで走行しています。

腰堆穿刺は、ヤコビー線(両側の腸骨稜上線を結ぶ線)で行うのは、丁度その位置がL3~4で神経束が馬尾状にばらけていて針が脊髄を刺すことなくできるからです。

脊髄の役割

脊髄には主に以下の役割があります。

  • 上行する知覚情報の通路(脊髄視床路など)
  • 下行する運動指令の通路(錐体路)
  • 随意運動をスムースにする働き(脊髄前角細胞)
  • 中央の脊髄灰白質:反射中枢としての働き
  • 脳と神経カテゴリの最新記事