前屈

3Dヨガポーズ解剖学

立位の開脚前屈【ピラミッドポーズ (プラサーリタパードゥッターナーサナ)効果と正しいやり方【3D解剖学】

ピラミッドのポーズ (立位の開脚前屈)は、立位で開脚前屈を行うヨガポーズです。 股関節柔軟性向上と背面ストレッチ効果の高い開脚前屈を立位で行うため、上半身の逆転効果と姿勢を維持するための筋トレ効果が相乗されます。 立位の開脚前屈【ピラミ...
3Dヨガポーズ解剖学

セルフPNFストレッチ【ハッピーベイビーポーズ (アーナンダバラーサナ )】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【ハッピーベイビーポーズ (アーナンダバラーサナ )】は、セルフPNFストレッチ効果で、股関節内転筋やハムストリングスをはじめ、股関節周囲をストレッチする効果があり、柔軟性を向上させて憧れの180度開脚を目指すためにも有効なヨガポーズで...
3Dヨガポーズ解剖学

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】逆転のポーズ

【鋤のポーズ(ハラーサナ)】は肩から骨盤まで上半身を逆転させた前屈のポーズで、首から背中にかけての深いストレッチ効果、腹部内臓や甲状腺機能を高める効果、背骨や骨盤の調整効果が期待できます。 日常とは逆の方向へ重力がかかり、肩関節まわりの...
3Dヨガポーズ解剖学

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】は、肩や背骨(胸椎)周りの筋肉を気持ちよくストレッチし、パソコン作業やスマホなどで凝り固まった上半身を優しく癒せるヨガポーズ。 胸椎と肩周りがしっかりと気持ちよくストレッチできることで呼吸も深ま...
3Dヨガポーズ解剖学

ダウンドッグ【下向き犬のポーズ (アドムカシュヴァナーサナ)】効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

【下向き犬のポーズ(アドムカシュヴァナーサナ)】は、ダウンドッグという名前でも親しまれている犬が伸びをしている姿を模したヨガポーズ。 ソフトな逆転のポーズ効果と筋膜のつながりに沿った背面ストレッチ効果で、心身のバランスを整える効果が高く...
3Dヨガポーズ解剖学

【チャイルドポーズ(子供のポーズ)】効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

チャイルドポーズ(子供のポーズ)は、普段重力に抗して作用している脊柱起立筋などの固有背筋群を緩めてストレッチすることで、腰部の柔軟性を高めることができる代表的なリラックスポーズ。 立位や座位のポーズからスムースに移行できるのでヨガポーズ...
3Dストレッチ解剖学

立位体前屈ストレッチ【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】 効果と正しいやり方【3D解剖学】

【深い前屈のポーズ (ウッターナーサナ)】とは、立位で股関節から身体を折り曲げるように体前屈するポーズで、【立位体前屈】という柔軟性を図る評価姿勢としてもよく使われています。 立位で体を前屈する立位体前屈は、頭の先から足裏まで筋膜でつな...
3Dストレッチ解剖学

背面を伸ばす前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)【長座体前屈ストレッチ】効果と正しいやり方

【背面を伸ばす前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)】は、両脚と背筋を伸ばして座った姿勢(長坐位)で股関節から身体を半分に折るように前屈するポーズ(長座体前屈ストレッチ)です。 筋膜でひとつのラインになっている頭(顔)〜背中〜脚の裏側全...
3Dストレッチ解剖学

片足前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ) 背面ストレッチ【やり方と効果がよくわかる3D解剖学】

片足前屈のポーズ(ジャーヌシルシャーサナ)は、片脚をあぐらに(股関節外旋+膝屈曲)してから前屈することで背面(脚の裏側・背中・お尻まわり)を伸ばして深くストレッチできるヨガポーズです。 筋膜で一つのラインにつながっている背面筋肉のストレ...
タイトルとURLをコピーしました