膝立ち

正しいヨガポーズ

膝立ちブリッジ【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】 効果と正しいやり方【3Dヨガポーズ解剖学】

【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】は膝立ちから背骨を後屈させて身体前面をストレッチするブリッジポーズで、胸椎から背骨全体が後屈することで胸が開いて猫背の改善やバストアップに効果的なヨガポーズです。 股関節、ふともも、お腹(体幹)、背骨周りの筋肉を収縮させて土台を安定させることが重要で、足先からデコルテ(喉)までの筋肉のつながりを意識することで、ポーズの効果を最大限実感できます。 【ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)】を3D動画やイラストをつかってわかりやすく解説してい...
正しいヨガポーズ

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】効果と正しいやり方【3D解剖学】

【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】は、肩や背骨(胸椎)周りの筋肉を気持ちよくストレッチし、パソコン作業やスマホなどで凝り固まった上半身を優しく癒せるヨガポーズ。 胸椎と肩周りがしっかりと気持ちよくストレッチできることで呼吸も深まり、心身のリフレッシュ効果も期待できます。 【パピーポーズ(伸びをする子犬のポーズ)】の効果的で正しいやり方がわかりやすいように3D動画を使って解説しています。 ポーズの名前と英語 ウッターナは「伸びた」、シショは「子犬」という意味のサ...
タイトルとURLをコピーしました