骨盤

関節の動きと可動域

【股関節】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

【股関節】とは、骨盤と大腿骨で構成される関節です。 名前の通り、人体の中心にある「股」を構成する大きな関節であり、上半身を支えて姿勢を保持したり、歩行や立位での下半身(脚)運動に大きな役割を果たしています。 【股関節】骨構造(解剖学構造)と骨盤と大腿骨に付着する筋肉の働きによって股関節が動く方向(作用)と動く範囲(関節可動域:ROM)についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。 【股関節】解剖学構造と特徴 【股関節】は、骨盤の一部...
骨(ほね)解剖学

【寛骨(腸骨・坐骨・恥骨)】と【骨盤(寛骨・仙骨・尾骨)】骨構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

「骨盤矯正」「骨盤チェック」「骨盤の歪み」「骨盤底筋群」など姿勢矯正(整体など)場面や、ヨガポーズ、スポーツや運動メニューのやり方説明をする時なども含めて【骨盤】という言葉をよく聞きますが、そもそも【骨盤】とはどんな骨構造か正しくイメージできていますか? 【骨盤】は左右の【寛骨(腸骨・恥骨・坐骨が癒合した骨)】と背骨(脊柱)の一部である【仙骨と尾骨】が結合した骨構造で、上半身と下半身をつなぐように下腹とお尻部分をカバーする大きさと広さがあります。 「寛骨・仙骨・尾...
関節の動きと可動域

【脊柱(椎間関節)】運動方向(作用とROM)【イラスト図解でわかりやすい運動学と解剖学】

【背骨(脊柱)】は椎骨同士の関節(椎間関節)が連なった構造で、背骨(脊柱)全体としての運動方向を、頸椎・胸椎・腰椎の構造の違いや動きの特徴を含めて理解することで、正しい姿勢評価やヨガなどの運動メニューが行えるようになります。 人体の大黒柱として身体を支えつつも上半身のしなやかで多彩な動きを作る【背骨(脊柱)】の動く方向(作用)と動く範囲(関節可動域:ROM)、それぞれの運動方向に作用する筋肉についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。 【背骨(脊...
大腿(太もも)の筋肉

【大腿(太もも)筋肉】全種類まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

大腿(太もも)にメインとなる筋腹がある筋肉は、前ももの筋肉(膝関節伸筋群:大腿四頭筋)、後もも(膝関節屈筋群:ハムストリング)、内もも(股関節内転筋群)の3つに大きく分けられます。 更にそれらの3つの太もも筋肉機能構造を統合して調整するように走行する長い機能構造を持つ2関節筋(大腿筋膜張筋、縫工筋、薄筋)もあり、股関節から膝関節周りの連動と安定をサポートしています。 太ももに筋腹があるということは、股関節・膝関節・骨盤の運動に作用して私たちの姿勢、立位、歩行、運動...
大腿(太もも)の筋肉

【縫工筋】ストレッチとトレーニングのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

【縫工筋】は腸骨から大腿前面を斜めに脛骨内側部まで走行する人体最長の筋肉で、股関節(骨盤)と膝関節運動に作用します。 【縫工筋】はランニングのときによく働くので、膝の内側が痛い鵞足炎(ランナー膝)の原因筋としてもよく知られています。 【縫工筋】の解剖学構造をイラスト解説で理解して、イメージしながら効果的なストレッチやトレーニング(筋トレ)を実践しましょう! 【縫工筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【縫工筋】は太もも前面表層を走行する薄く長い筋肉で...
大腿(太もも)の筋肉

【大腿筋膜張筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

【大腿筋膜張筋】とは、骨盤前外側面に筋腹があり、大腿筋膜や腸脛靭帯と結合して骨盤安定や股関節運動に大きな影響を及ぼす筋肉です。 名前の通り大腿筋膜を緊張させる作用の他、独特の入り組んだ構造により、脚の運動や安定に広く作用しますが、【大腿筋膜張筋】の構造と役割を正しく理解するには、大腿筋膜および二本足歩行を獲得した人間特有に発達した腸脛靭帯の構造や機能の理解も不可欠です。 【大腿筋膜張筋】の解剖学構造や役割を実際場面で使える知識になるように包括的にまとめて、...
大腿(太もも)の筋肉

【股関節内転筋群】内ももの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

【股関節内転筋群】とは大腿(太もも)内側(お腹側)にある5筋:「恥骨筋」「長内転筋」「短内転筋」「大内転筋」「薄筋」の総称です。 【股関節内転筋群】は骨盤から大腿骨や脛骨に走行して主に股関節内転(股関節を閉じる働き)に作用している筋肉で、骨盤の位置を整え美脚ラインを作ったり、立位バランスを安定させるなどの重要な作用もあります。 【股関節内転筋群】の柔軟性が無くなったり、筋力や機能が低下すると開脚や股関節運動に制限が出たり、太ももを閉じた真っ直ぐの脚のラインが崩れて膝に...
大腿(太もも)の筋肉

【大腿四頭筋】前ももの4つの筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

【大腿四頭筋】とは、大腿前面(太ももの前側)にある4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。 【大腿四頭筋】は、主に膝関節運動と膝周りや前ももの形状(太さやライン)に関与する筋肉のため、膝関節痛予防やきれいな膝がある美脚作りには、【大腿四頭筋】解剖学構造を理解したストレッチや筋トレが重要です。 【大腿四頭筋】の解剖学構造や正しく効果的にストレッチや筋トレを行うコツ(考え方)についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。 ...
大腿(太もも)の筋肉

【ハムストリング】ダッシュや柔軟に重要なもも裏筋肉【ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

【ハムストリング】とは太もも裏側に筋腹がある3筋(4頭):「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」の総称です。 ハムストリングスは、お尻下から膝裏までの太もも裏側の形状や太さ(お尻や脚のライン)を決めるアウターマッスルであり、股関節と膝関節の運動に作用する力強く大きな筋肉なので、ハムストリングスの柔軟性や筋力および活動性は、姿勢保持や立位バランス、脚を蹴り出すダッシュなどの運動パフォーマンス、血液循環や体温保持にも大きく影響します。 ハムストリングの柔軟性や機能が低下す...
股関節(骨盤)お尻の筋肉

【腸腰筋】を正しく鍛えて100歳まで腰が曲がらず元気に歩く!【腸腰筋ストレッチと筋トレのためのイラスト図解剖学】

【腸腰筋】は上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉であり、最強の股関節屈筋として強い力を発揮したり、立位姿勢保持筋としても重要な役割をしています。 【腸腰筋】機能が低下すると、立位、歩行、姿勢、体幹バランスが不安定になるので、股関節痛、骨盤の歪み、腰痛、転倒しやすさなどの原因にもなりとても危険です。 背骨〜骨盤〜大腿骨までをつなぐように3つの筋肉で構成される【腸腰筋】の解剖学構造をイラスト図を使ってわかりやすく解説しています。 【腸腰筋】は座り姿勢が長いと短縮してガチ...
タイトルとURLをコピーしました