Youtubeで3D動画を配信中!

ツイスト〜筋肉の動きを3D動画で理解〜 【ストレッチの解剖学】

ツイスト〜筋肉の動きを3D動画で理解〜 【ストレッチの解剖学】

ウエストシェイプ効果の高い体幹をねじるストレッチを解剖学(筋肉)の動きから正しく理解しましょう。

骨盤の位置は平行、背筋はまっすぐ伸ばしたまま行うことがポイントですが、その際にどの筋肉に意識を向ければよいかがわかります。

胸の開きを十分に感じられると開放感があり、リフレッシュ効果も高められます。

期待できる効果

  • 血行促進効果
  • 内臓機能強化
  • 柔軟性強化
  • ウエストシェイプ効果
  • 上記に伴う様々な健康、美容効果
  • ポーズ解説

    ポーズの作り方

    • 正座の状態から股関節を外旋する。
    • 骨盤が平行になっていること(片方のお尻が浮いていないこと)を確認する。
    • 背筋をまっすぐに伸ばしたまま、体幹を回旋する。

    意識する筋肉

    股関節の屈曲+外旋+膝屈曲によるストレッチ効果

    • 大臀筋
    • 中臀筋
    • 小臀筋
    • 大腿四頭筋
    • 前脛骨筋
    • 大腿方形筋
    • 内閉鎖筋
    • 梨状筋

    体幹回旋によるストレッチ効果

    • 外腹斜筋
    • 内腹斜筋
    • 脊柱起立筋
    • 小胸筋
    • 大胸筋
    • 三角筋
    • 僧帽筋

    注意ポイント!

    背筋はまっすぐ伸ばしましょう。

    筋短縮等で難しい場合は、無理に回旋しようとすると腰椎の前弯を増強させ、腰痛に繋がるリスクがあるので、骨盤平行+背筋をまっすぐを優先し気持ちよく伸びる範囲まで伸ばしてください。

    胸を大きく開く意識も忘れないようにしましょう。

    ツイスト時の骨(背骨・脊椎)の動きはこちら

    骨盤の位置が左右どちらかに傾かないようにしましょう。

    後ろから見たときに背筋がまっすぐ骨盤が平行になっているように。

    ツイスト時の骨(背骨・脊椎)の動きはこちら

    3Dストレッチカテゴリの最新記事