【中間広筋(大腿四頭筋)】ストレッチと筋トレための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

大腿【3D筋肉】
スポンサー

中間広筋は大腿四頭筋の一部で大腿直筋の深層に位置して、股関節の屈曲角度により膝伸展力が変化する二関節筋の大腿直筋を補助するように働く純粋な膝関節伸展筋です。

中間広筋(大腿四頭筋)解剖学構造を理解して効果的な筋トレやストレッチを実践しましょう。

【中間広筋(大腿四頭筋)】英語と読み方

  • 名称:中間広筋
  • ふりがな:ちゅうかんこうきん
  • 英語名:Vastus Intermedius Muscle
  • 【中間広筋(大腿四頭筋)】起始停止

  • 起始:大腿骨体の前面と両側面
  • 停止:膝蓋骨底(一部は膝蓋靭帯を介して脛骨粗面)
  • 【中間広筋(大腿四頭筋)】作用

    解剖学的表現

  • 膝関節伸展
  • 中間広筋(大腿四頭筋)は、大腿直筋の直下に位置して股関節の屈曲により膝進展作用への関与が変化する大腿直筋を補う純粋な膝関節の伸展筋。

    中間広筋(大腿四頭筋)の一部は膝関節包に停止して膝関節包を緊張させる役割もします。

    日常でのイメージ

    膝関節伸展運動時に膝を保護したり、股関節の位置にかかわらず膝伸展運動を行う筋肉

    【中間広筋(大腿四頭筋)】神経支配

  • 大腿神経(L2~L4)
  • 【中間広筋(大腿四頭筋)】働きを3D動画で確認

    【中間広筋(大腿四頭筋)】触診

    大腿直筋の直下にあるため直接的な触診は困難ですが、膝関節の屈伸運動で大腿四頭筋として収縮を確認できます。

    【中間広筋(大腿四頭筋)】ストレッチと筋トレ

    中間広筋ストレッチ

    膝関節を屈曲するとストレッチできます。深呼吸をしながら無理のない範囲で伸ばしましょう。

    中間広筋筋トレ

    中間広筋の走行を意識して、膝関節伸展運動にて収縮させます。体位や負荷はそれぞれ個別に調整してください。

    【大腿四頭筋】とは?

    【大腿四頭筋】とは、大腿前面の4筋:「大腿直筋」「中間広筋」「外側広筋」「内側広筋」の総称です。

    大腿直筋は下前腸骨棘から、中間広筋・外側広筋・内側広筋は大腿骨から始まり、4筋はまとまって膝蓋骨・膝蓋靭帯を経て腱骨粗面に付着すするため、膝関節伸展が主な作用になりますが、大腿直筋は股関節屈曲にも作用する二関節筋です。

    膝関節の運動と膝周りや前ももの形状に関与する筋肉のため、膝関節痛予防やきれいな膝がある美脚作りには、解剖学構造を理解したストレッチや筋トレが重要です。

    タイトルとURLをコピーしました