英雄(戦士)のポーズ 1  (ウォーリアワン/ ウィーラバドラ・アーサナ) 効果と正しいやり方【ヨガのやり方とヨガ効果がよくわかる3Dヨガポーズ解剖学】

3Dヨガ
スポンサー

ウォーリアワンは、ヒンドゥー教の三大神のひとり、シヴァ神の化身ヴィーバドラを讃えるヨガポーズのひとつで、敵に向かって敢然と立ち向かう戦士のように勇ましく脚を踏み出すポーズで、心身のエネルギーの高まりが感じられます。

腸腰筋と背中とお腹の筋肉を含めた上半身全体をしっかりストレッチできるので、骨盤内のつまりや猫背がちの姿勢をしっかりリフレッシュできます。

足の位置で強度の調整がしやすいポーズなので、自分の機能に合わせて行ってください。

ポーズの名称

  • 英雄(戦士)のポーズ 1  (ウォーリアワン/ WarriorⅠ)
  • ウィーラバドラ・アーサナ  (Virabhadranana)

期待できる効果

  • 体幹ストレッチ
  • 下半身強化
  • 姿勢(特に猫背)改善
  • 骨盤内のつまり解消
  • 上記に伴う美容健康効果

3D動画でポーズを解剖学的に理解

ポーズの作り方

  • 両脚を肩幅程度に開いて立ち、手は腰に置く
  • 左脚を一歩大きく後ろに引いて骨盤を正面に向ける
  • 肩甲骨を下げて肩はリラックス
  • 膝頭と足先は平行のまま、太腿のラインが床と並行になるくらいを目安に重心を真下に落とす
  • 両手を挙げて胸を張り、頭頂から真上に引っ張られるようなイメージで背筋を伸ばす(腰は反らない!)
  • *反対側も同様に行う

意識する筋肉

  • 広背筋
  • 大胸筋
  • 腹直筋
  • 腓腹筋
  • 股関節内転筋
  • 大腿四頭筋
  • 腸腰筋

注意ポイント!

胸筋の短縮等に制限がある場合は、無理に腕を挙上させようとすると、頸部、腰部の前腕を増強させて代償させようとするため、腰や首を痛める原因になりがちです。

首や腰が反ったり、肩に力が入ったりしない位置で位置で留めてください。

膝頭と足先同じ方向を向いていることを確認してください。

参考:胸椎から背骨全体を整える方法

胸椎から肩こり・首こり・腰痛を解消 【3D 解剖学・運動学】
姿勢の悪さが原因で肩こり・首こり・腰痛が生じますが、症状の出ている首回りや腰回りだけにアプローチしていませんか?肩こり・首こり・腰痛が慢性化してしまっている場合、キーになるのは胸椎です。胸椎の役割に重点をおいた姿勢評価と肩こり・首こ...
タイトルとURLをコピーしました