背骨

骨(ほね)解剖学

【脊椎(脊柱・背骨)〜頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨〜】構造がイラスト図解でわかりやすい骨解剖学

集合体を支える人(物)のことを【大黒柱】と言いますが、人体(骨格)の大黒柱は背骨(脊柱)です。 脊柱(背骨)は頭蓋骨(頭の骨)直下から骨盤下端まで背中(身体)の中心を通るように存在する長い柱のような骨ですが、家の大黒柱のような一本柱ではなく、約31〜34個の突起付き円盤形の椎骨が積み重なっている集合体で、それぞれの椎骨間は関節として前後や左右に滑り、背骨の屈伸や回旋運動ができる構造になっています。 脊柱(背骨)が重い頭や体重を支えつつ重力に抗して姿勢を保持...
タイトルとURLをコピーしました