【骨格と関節】骨および関節の仕組みと構造(種類・役割・関節可動域)

【骨】と【関節】は姿勢や運動の軸である、運動や姿勢のメカニズムを理解するための基礎知識になります。

200以上ある骨の組み合わせによる骨格(関節)は、姿勢や運動の基本軸となると同時に、内臓や神経血管を納める空間を作っています。

【人体骨】の仕組みと役割(解剖学と生理学)

私たちの身体は200以上の骨を組み合わせた骨格(関節)で構成されています。

骨の形状や関節の構造にはそれぞれ意味があり、人体の柱となったり、脳や内臓を収める空間を作ったり、血液を作ったり、カルシウムの貯蔵庫として機能したり、骨に付着して関節運動をする筋肉と運動や姿勢保持に作用しています。

骨の構造や役割の基礎知識はコチラ!

骨の構造を理解しておくことで、運動の際に動かすポイントや意識する姿勢がしっかりとイメージできるようになるので、姿勢改善や運行効果アップに役立ちます。

骨解剖学詳細はコチラ!

【関節】仕組みと構造(解剖学と生理学)

骨の組み合わせで構成される関節は、筋肉の収縮によってある一定の範囲で可動して私たちの姿勢や運動に作用しています。

関節を構成する骨の構造によって運動できる方向(作用)や可動範囲(可動域)が決まっているため、関節の構造を理解しておくことで、怪我を予防しながら安全に運動したり、正しい姿勢を維持して効果的にパフォーマンスを高められます。

関節とは?基礎知識はコチラ!
関節ごとの特徴や動く方向、可動範囲(正常可動域:ROM)に関する基礎知識はコチラ!