脊椎(頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨)〜骨の名前と構造【3D動画でわかりやすい骨解剖学】

骨(ほね)解剖学
この記事は約1分で読めます。
スポンサー

人体の大黒柱で、姿勢を評価する上でも骨盤と同様に非常に重要な要素である、背骨(脊柱)について3D動画を使ってわかりやすく解説しています。

脊椎の概要

頸椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨により構成され、背骨(脊柱)として人体の軸となる。

背骨(脊柱)の解剖学的構造

背骨(脊柱)は、以下の椎骨が積み重なるように連なっています。
  • 頸椎(7)
  • 胸椎(12)
  • 腰椎(5)
  • 仙椎(5):癒合しているため仙骨としてまとめられている
  • 尾椎(3~5):癒合しているため尾骨としてまとめられている
  • 背骨(脊柱)立体的に理解する3D動画

    背骨(脊柱)の役割

    背骨(脊柱)には以下の役割があります。

  • 筋肉と連動して運動をする
  • 頭部や身体を支え姿勢を作る
  • 脊髄神経を保護する
  • 背骨(脊柱)・脊椎・椎骨の違い

    椎骨が連なって脊柱ができます。

    脊椎は、状況により脊柱か椎骨のいずれかまたは両方を指します。

  • 背骨(脊柱):いわゆる背骨のことで、全ての椎骨が連なった状態を指す
  • 脊椎:脊柱か椎骨のいずれかまたは両方を指す
  • 椎骨:脊柱を構成するひとつひとつの骨を指す
  • タイトルとURLをコピーしました