骨盤底筋群【3D 筋肉・解剖学】

この記事は2分で読めます

名前の通り骨盤の底を作り、インナーコア(腹腔)を構成する筋群として、内臓を下から支えて補強しています。
生殖器や排尿・排便コントロール、姿勢保持や呼吸にも重要なインナーマッスル。
構造を理解して強化することで健康維持改善に役立ちます。

骨盤底筋群とは

骨盤底筋群は3つの層で構成され、尿道・膣・肛門を囲みつつ骨盤の底から子宮や膀胱などの内臓を支え、姿勢維持、排尿・排便コントロール、腹圧や呼吸の調整などを行う筋群です。

解剖学上3つの層にわかれていますが単独でのコントロールは難しく、腹部などのインナーマッスルと連動して作用します。


表層

  • 球海綿体筋
  • 坐骨海綿体筋
  • 外肛門括約筋

  • 中間層

  • 深会陰横筋
  • 浅会陰横筋

  • 深層
  • 肛門挙筋(恥骨直腸筋・恥骨尾骨筋・腸骨尾骨筋)
  • 尾骨筋
  • 肛門挙筋と尾骨筋(骨盤底筋群深層)の3D動画

    一番深層にあり、骨盤底として横隔膜・脊柱起立筋・腹横筋肉と一緒に腹腔(インナーユニット)を構成する肛門挙筋(恥骨直腸筋・恥骨尾骨筋・腸骨尾骨筋)と尾骨筋の動きを3D動画で確認しましょう。

    肛門挙筋と尾骨筋(骨盤底筋群深層)の役割

    肛門挙筋(恥骨直腸筋・恥骨尾骨筋・腸骨尾骨筋)と尾骨筋で骨盤内臓の位置を下から保持。
    以下の筋群とインナーユニット(腹腔)を構成し、腹圧の調整・姿勢保持・呼吸などに関与しています。


    インナーユニット

  • 上部:横隔膜
  • 下部:骨盤底筋群
  • 前側部:腹横筋
  • 背部:脊柱起立筋群
  • 肛門挙筋と尾骨筋(骨盤底筋群深層)の構造

    恥骨直腸筋の構造(起始・停止・神経支配)

  • 起始:恥骨結合両側の恥骨上枝
  • 停止:肛門直腸結合を囲み外肛門括約筋の深部と結合(一部は肛門括約筋を形成)
  • 神経支配:陰部神経S2-S4
  • 恥骨尾骨筋の構造(起始・停止・神経支配)

  • 恥骨(恥骨直腸筋の外側)
  • 停止:肛門尾骨靭帯・尾骨
  • 神経支配:陰部神経S2-S4
  • 腸骨尾骨筋の構造(起始・停止・神経支配)

  • 起始:内閉鎖筋筋膜(および肛門挙筋)の腱様弓
  • 停止:腸骨尾骨筋縫線・尾骨
  • 神経支配:陰部神経S2-S4
  • 尾骨筋の構造(起始・停止・神経支配)

  • 起始:坐骨棘
  • 停止:尾骨<
  • 陰部神経(S2〜S4)
  • 骨盤底筋群(中間層と表層)の構造と役割

    男性と女性で構造が異なりますが、尿道や膣の緊張など、生殖や排尿・排便コントロールを行う筋群です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事