インナーユニットとは【3D筋肉・解剖学】体幹強化の必須知識

この記事は1分で読めます

インナーユニットとは、骨で保護されていない体幹部分を覆う筋肉群のこと。

骨盤底筋群腹横筋横隔膜多裂筋の4筋で構成され、円柱を作るように腹部内臓を囲んでいます。


姿勢保持・調整の基礎となる最深層のインナー(コア)マッスル。
体幹トレーニングを効果的に行うために、そして良い姿勢と健康を維持するために解剖学的に正しく理解しておきましょう。

インナーユニットの構造と役割

骨で保護されていない体幹部分を覆う筋肉群。
骨盤底筋群横隔膜腹横筋多裂筋で構成され、円柱を作るように腹部内臓を囲んでいます。

大切な臓器を守り、姿勢を維持・調整するための筋肉(インナーマッスル)として最も深層にあるコアマッスルです。

インナーユニット(円柱構造)を3D動画で理解

インナーユニットを構成する4つの筋肉を個別に3D動画で理解

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)はインナーユニット円柱の底辺。

腹横筋(ふくおうきん)

腹横筋(ふくおうきん)はインナーユニット円柱の側面を形成。
腹筋群の中で最も深層(内臓に近い)にあり、ウエストを形成します。

いわゆるシックスパックを作る腹直筋やくびれに影響する腹斜筋の深層にあり、呼吸にも関与します。


横隔膜(おうかくまく)

横隔膜(おうかくまく)は、インナーユニット円柱の上部を形成。
呼吸をするときに働く筋肉で、発達学的に横隔膜の柔軟性は全身の柔軟性に影響するほど、全身運動のキーになる筋肉です。

多裂筋(たれつきん)

多裂筋(たれつきん)は、インナーユニット円柱の背面を形成。
数個の椎体をまたいで脊椎の安定化に重要な役割をしている筋肉です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

3Dシステムの詳細はこちら!

動画も配信中!

おすすめカテゴリー記事