Youtubeで3D動画を配信中!

アウターユニットとは【3D筋肉・解剖学】体幹強化の必須知識

アウターユニットとは【3D筋肉・解剖学】体幹強化の必須知識

アウターユニットとは、インナーユニットを覆って臓器を保護するととともに、動作や運動における外力に対しても骨盤を安定させて姿勢やバランスを維持する運動学的な筋肉のつながりのこと。

運動の際に大きな力を発揮したり、直接的にボディラインを構成するアウターマッスルも含む4つのシステムがあり、それぞれクロスになっていることが重要なポイントです。

インナーユニットを覆うアウターユニット

アウターユニットは、骨で保護されていない体幹部分を覆う筋肉群であるインナーユニットの表層を覆っています。

インナーユニットを直接的に覆っているアウターユニットは主に以下の4筋です。

  • 内腹斜筋
  • 外腹斜筋
  • 腹直筋
  • 脊柱起立筋
  • アウターユニットの4つのシステム

    アウターユニットには上記の筋肉に加えて、運動の際に大きな力を発揮したり直接的にボディラインを構成するアウターマッスルも含む4つのシステムがあります。

    アウターユニットのシステムは、解剖学的な筋肉のつながりではなく運動学的(機能的)なつながりで、それぞれ骨盤を安定させるためにクロスしていることがポイントです。

  • POS:後方を斜めに走行する筋群による後斜システム
  • AOS:前部を斜めに走行する筋群による前斜システム
  • DLS:背面を縦に走行する筋群による後縦システム
  • LS:外側を走行する筋群による外側システム
  • 後斜システム

  • 後斜システム
  • Posterior Oblique Subsystem (POS)
  • 広背筋から胸背筋膜を経て反対側の大殿筋で構成される背面のクロス。
    背面から骨盤を安定させ、効率のよい歩行などあらゆる動作で重要です。

    前斜システム

  • 前斜システム
  • Anterior Oblique Subsystem (AOS)
  • 外腹斜筋・内腹斜筋からから前腹部筋膜を経て反対側の内転筋で構成される前面のクロス。
    前面から骨盤を安定させ、踏み出しや骨盤の回旋などの動作で重要です。

    後縦システム

  • 後縦システム
  • Deep Longitudinal System (DLS)
  • 脊柱起立筋から胸背筋膜(深部)・仙結節靭帯を経て反対側の大腿二頭筋で構成される背骨のラインに沿ったクロス。
    縦方向の力の伝達や仙骨関節のうなずき運動の調整による背骨のラインの安定に関与しています。

    外側システム

  • 後縦システム
  • Lateral System (LS)
  • 中殿筋・小殿筋と反対側の内転筋で構成される外側のクロス。
    歩行時など骨盤の側方への安定に重要な役割をしています。

    まとめ・部位別リストカテゴリの最新記事