機能ユニット 肩甲帯の筋肉

【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】とは?「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」筋肉解剖学(起始停止・作用)

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】の解剖学構造や役割についてまとめました。

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは、肩関節を包み込むように走行する4つの筋肉【「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」】による腱板構造のことです。

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】は大きな運動を起こす筋肉ではないので目立ちませんが、広範囲で多彩な運動ができる肩関節の安定性と可動域を実現するため、肩関節の健全な機能を維持するためにとても重要な機能構造単位です。

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは肩関節を支える腱板構造のことだよ!

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは?

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは、「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」の4筋で構成される腱板構造なので「回旋筋腱板」とも呼ばれ、「肩関節」の安定性と機能性(可動性)を両立させるための機能構造単位です。

筋肉名 英語名

ローテーターカフ(回旋筋腱板)

Rotator Cuff (RC) , SITS

棘上筋 Supraspinatus
棘下筋 Infraspinatus
小円筋 Teres minor
肩甲下筋 Subscapularis

英語ではRotator Cuff (略してRC)、4つの筋肉(棘上筋:Supraspinatus、棘下筋:Infraspinatus、小円筋:Teres minor、肩甲下筋:Subscapularis)の頭文字をとってSITSと呼ばれることもあります。

【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】筋肉解剖学(起始・停止・作用)

ローテーターカフ(回旋筋腱板)を構成する4つの筋肉:「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」は、いずれも肩甲骨から上腕骨頭へ向かって走行し、4筋で肩甲上腕関節を前後上下からしっかりと包み込むような構造になっています。

筋肉名 肩甲骨起始部 上腕骨停止部 主な作用
棘上筋 棘上窩 大結節上部 外転
棘下筋 棘下窩 大結節中央部 外旋
小円筋 肩甲骨外側縁 大結節下部 外旋
肩甲下筋 肩甲下窩(肋骨面) 小結節 内旋

更に、ローテーターカフ(回旋筋腱板)上部では骨同士が密接しているため、筋肉と腱の構造を保護するように滑液包でも覆われています。

【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】役割(機能)

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】は、肩関節において「上腕骨骨頭を肩甲骨関節窩に安定させる」役割と「関節包を引き締め、肩関節運動時の挟み込みを予防する」役割があります。

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】を構成する4筋がそれぞれ上腕骨から肩甲骨に向かって走行して上下前後から肩関節を包み込んでいるため、大きな可動域を持つ肩関節運動においても4筋が強度と柔軟性のバランスを取ることで、上腕骨骨頭が肩甲骨関節窩外れず、また他の骨と衝突せず、肩甲帯(肩関節周辺)が円滑に機能します。

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】を構成する「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」は、それぞれ走行方向によって屈曲、外転、内旋、外旋など肩関節運動に対する作用が定義されていますが、それぞれ小さな筋肉なので、単独で運動を起こす力はなく、周囲の筋肉と肩関節運動および腕にかかる重力に対して調整を加えるように常に収縮しています。

肩関節複合体として肩周り全体の安定性や健全な機能に貢献しているというメインの役割から考えると、【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】は肩関節の全ての動きに影響を与えている関節構造の一部と考えた方が正しい「肩関節機能改善」アプローチができます。

合わせてチェック!

『肩関節の構造と運動方向』について詳しくはコチラ!

広範囲の可動域を維持しつつも、体幹に腕を安定して接続する安定性を確保するために「肩関節」は複数かつ広範囲の軟部組織構造にサポートされ、実質的には上腕骨・肩甲骨・鎖骨・胸郭(胸骨と肋骨)で構成される4関節の相互作用で働く複合関節として作用しています。

【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】損傷と症状

【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】は、ダイナミックかつ多様な方向へ動く肩関節を支えている構造として常に収縮しているため、過剰な負荷や外力が加わることで、年代問わず損傷するリスクがあります。

若年層では外傷を伴うものや、バレーボール、テニス、野球のピッチングなど頭上での高負荷な活動に起因するものがほとんどです。

ただ、特にスポーツをしなくても、日常生活活動で(洗濯物干しやシャンプーなどで)腕を上げて保持する時間は長いですし、子供を抱っこしたり、荷物を運んだりなど、【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】には常に負担がかかっています。

そのため、スポーツや外傷を除けば年齢が上がるほど発症例は増える傾向があり、実際、肩関節周囲の炎症(痛み)や腕の上がりにくさ(四十肩や五十肩)など、肩関節に関する悩みのほとんどが【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】の損傷や機能低下などが原因になっています。

損傷状態は大きく以下の3つに分類できます。

分類 原因
回旋筋腱板断裂 筋肉や腱のマクロまたはミクロの損傷
回旋腱板腱炎 組織の慢性的な変性や炎症
インピンジメント症候群 関節機能障害による大きな損傷

【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】損傷時の症状(自覚症状)として代表的なものは「安静時の肩の前/側面の痛みや上肢外側の関連痛(生じない場合もある)」「動きに伴う痛み(肩より上に手を上げた時や内旋/外旋時)」「肩関節運動時の筋力低下(特に挙上と外転)」「肩関節運動の制限(上げる、押す、頭上での作業、手を背中に回すなどが困難になる)」などがあります。

また、解剖学構造を理解していると、特定の原因をスクリーニングするテスト(検査)も行えます。

【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】コンディショニング

まずは肩関節の解剖学構造を正しく理解し、現在の自分の状態に合わせた対応をしましょう。

痛みや機能制限がある場合は、原因を特定するスクリーニングを行い、安全かつ効果的なアプローチをしましょう。     

-機能ユニット, 肩甲帯の筋肉