三角筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

かっこいい逆三角形にボディメイクしたい際には注目したい【三角筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


複雑で不安定な解剖学的構造の肩関節を保護したり、腕を上げる運動に主に働く力強い筋肉。 活動量が多い分疲労も蓄積しやすいので、ストレッチなどでセルフメンテナンスしましょう。

三角筋の概要

  • 名称:三角筋
  • ふりがな:さんかくきん
  • 英語名:Deltoid
  • 「肩」を作るアウターマッスル三角筋。

    かっこいい逆三角形にボディメイクしたい際には注目したい筋肉。
    相対的に顔を小さく見せてくれる効果もあります。

    複雑で不安定な解剖学的構造の肩関節を保護したり、腕を上げる運動に主に働く力強い筋肉。
    活動量が多い分疲労も蓄積しやすいので、ストレッチなどでセルフメンテナンスしましょう。

    三角筋の起始・停止

  • 起始(前部):鎖骨の外側1/3
  • 起始(中部):肩峰
  • 起始(後部):肩甲棘下縁
  • 停止:上腕骨の三角筋粗面
  • 三角筋の作用

    解剖学的表現

  • 前部繊維:肩関節屈曲・水平屈曲・内旋
  • 中部繊維:肩関節外転
  • 後部繊維:伸展・水平伸展・外旋

  • 日常でのイメージ

    ・肩関節を覆って保護する厚みのある表層の筋肉。

    ・前部繊維は胸との境目、中部繊維は肩幅、後部繊維は逆三角形の角を作っていて、ボディメイクしたい時には注目したい筋肉。

    ・腕を前(前部繊維)・横(中部繊維)・後ろ(後部繊維)に上げる動作の時に主に働く筋肉のため、日常動作でも多用され疲れやすい筋肉なのでストレッチする時間も作ってあげましょう。

    三角筋の神経支配

  • 腋窩神経(C5~C6)
  • 三角筋の働きを3D動画で確認

    三角筋を触診

    肩の表層で容易に触診できます。

    三角筋のセルフメンテナンス方法


    三角筋ストレッチ

  • 三角筋の筋繊維の走行を意識し、前部・中部・後部とわけてストレッチします。
    背骨と骨盤をニュートラルにした基本姿勢から三角筋の動きに集中しましょう。

  • 三角筋筋トレ

  • 三角筋の筋繊維の走行を意識し、前部・中部・後部とわけて負荷をかけます。
    三角筋の動きに集中することで効果的に強化できます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事