【肩関節(肩甲帯)の筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

肩関節(肩甲骨)の筋肉
この記事は約5分で読めます。

【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、上肢運動に関与する骨と体幹軸を繋ぐ構造で肩甲帯の安定と運動に作用する筋肉群です。

【肩関節(肩甲帯)の筋肉】を一覧にまとめ、解剖学(起始停止、作用、神経支配)や筋トレやマッサージなどのやり方は、筋肉詳細ページで説明しています。

【肩関節(肩甲帯)の筋肉】とは?構造と役割

【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、上肢運動に関与する骨と体幹軸を繋ぐ構造で肩甲帯の安定と運動に作用する筋肉群です。

主に肩甲骨や鎖骨から上腕骨へ走行して、上腕骨や肩甲骨を体幹に安定させ、肩関節(主に肩甲上腕関節)の運動を起こしたり調整する働きがあります。

【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、前面の筋肉と後面の筋肉に分類でき前面の筋肉は胸筋にも分類され、背面の筋肉は背筋群にも分類されて外来筋と内在筋に更に分類できます。

分類 筋肉
前面 大胸筋、小胸筋、鎖骨下筋、前鋸筋
背面外来 僧帽筋、広背筋、肩甲挙筋、大菱形筋、小菱形筋
背面内在 三角筋、大円筋、ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)

 

【肩関節(肩甲帯)前面の筋肉】

上肢を鎖骨と胸郭に安定させる腕神経叢に支配される筋肉群です。

胸郭前面にある筋肉群なので呼吸にも大きく関与していますので、胸部(呼吸筋)のカテゴリーで詳しく解説しています。

大胸筋 pectoralis major
小胸筋 pectoralis minor
鎖骨下筋 subclavius
前鋸筋 serratus anterior
詳しくはこちら!
【大胸筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【大胸筋】は胸郭前面表層にある大きく強力な筋肉で、男性では胸板・女性でバストアップなど見た目に大きく影響するのはもちろん、腕の運動や肋骨を動かす呼吸補助筋としても作用します。 【大胸筋】を鍛えるトレーニングメニューで、正しく【大胸筋】筋トレやストレッチができるように、【大胸筋】解剖学構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。 【大胸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【大胸筋】胸郭前面最表層を覆う大きく厚みのある筋肉です。 いわ...
【小胸筋】ストレッチや筋トレでこりや痛みを解消【イラストでわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【小胸筋】は、サスペンダーのように肩甲骨烏口突起と肋骨をつなぎ、肩甲骨および胸郭(呼吸)運動に関与するインナーマッスルです。 【小胸筋】のコリは、「腕を動かす時の痛み」「猫背で垂れたバスト」「浅い呼吸で疲れやすい」などの痛みや悩みの原因になります。 【小胸筋】の解剖学的構造(作用や起始停止)を理解して効果的なストレッチでこりをほぐし、正しい筋トレで上向きバストや綺麗な姿勢を作りましょう。 【小胸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【小胸筋】は、胸...
【前鋸筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【前鋸筋】は、肋骨から脇の下を経由して肩甲骨へと走行する鋸状のインナーマッスルで、肩甲骨を肋骨面に安定させる姿勢筋として、呼吸を補助する呼吸筋として、そして、ボクサーのパンチ、野球のピッチング、バレーボールのスパイク時などのように腕を前方に素早く出す動作の際によく作用します。 【前鋸筋】の解剖学的構造を理解して、【前鋸筋】に効果的なトレーニング(正しい鍛え方)を実践しましょう。 【前鋸筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【前鋸筋】は胸壁側面にある扇状の...
【鎖骨下筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【鎖骨下筋】は鎖骨下にある小さな筋肉ですが、鎖骨を肩甲帯に安定させ、鎖骨下の神経や血管を守る役割があります。 【鎖骨下筋】の解剖学的構造イラスト図解を用いてわかりやすく解説しています。 【鎖骨下筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【鎖骨下筋】は、胸壁前面で名前の通り鎖骨下にある短い三角形の筋肉です。 名称:鎖骨下筋 ふりがな:さこつかきん 英語名:Subclavius Muscle 【鎖骨下筋】の主な作用は、肩甲帯に...

【肩関節(肩甲帯)後面の筋肉】外来筋

背面外来筋群にも分類される筋肉なので、背筋カテゴリーで詳しく解説しています。

僧帽筋 trapezius
広背筋 latissimus dorsi
肩甲挙筋 levator scapulae
大菱形筋と小菱形筋 rhomboid muscles
詳しくはこちら!
【僧帽筋】筋トレやストレッチのための【イラスト図解ででわかりやすい筋肉解剖学(起始停止や作用)】
【僧帽筋】とは、肩甲骨周囲から背中上部と首後面まで菱形状に覆う大きな筋肉で、肩や腕の運動に強力に作用します。 最表層にある【僧帽筋】のコリや緊張状態は見た目でもすぐわかり、僧帽筋盛り上がり、なで肩、いかり肩など肩や首のラインに直接的に影響しますし、【僧帽筋】の鍛え方次第でかっこいいバックラインもデザインできます。 ストレスやデスクワークで緊張してすぐに凝ってしまう【僧帽筋】コリによる肩こりを予防解消したり、僧帽筋盛り上がりを無くすには、【僧帽筋】起始停止な...
【広背筋】筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【広背筋】は、肩甲骨の下(脇の下)から骨盤まで背筋下部2/3に広がり、背中の逆三角形やくびれを作っているアウターマッスルです。 【広背筋】の起始停止は、人体構造の要である背骨・肩甲骨・骨盤を含むため、猫背・腰痛・五十肩・姿勢を改善するためにも意識して鍛えたりストレッチをしたい筋肉です。 【広背筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【広背筋】は、人体の筋肉の中で一番面積が広い筋肉で、 背中(背部)表面下部を広範囲に覆っています。 背筋群の中でも最も表層...
【肩甲挙筋】肩こり解消ストレッチや筋膜リリースのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【肩甲挙筋】とは、「頭板状筋」「胸鎖乳突筋」「僧帽筋」の下にある細長い筋肉で、「僧帽筋」「菱形筋」「前鋸筋」「後鋸筋」と一緒に肩甲骨運動に作用します。 肩こりの原因筋としても有名な【肩甲挙筋】は、スマホ姿勢やパソコンの長時間使用による猫背、ストレスなどで過剰に緊張しやすく、表層で触れやすい部分にあるので痛みやコリ(いわゆる肩こり)など自覚しやすい筋肉のひとつです。 【肩甲挙筋】解剖学構造を理解した正しいほぐし方(肩甲挙筋ストレッチや肩甲挙筋マッサージ)を日...
【菱形筋(大菱形筋・小菱形筋)】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【菱形筋】とは肩甲骨と背骨の間を走行する外来性の背筋で、猫背になりがちな姿勢を修正したり、懸垂や腕立て伏せ (プッシュアップ)などの自重筋力トレーニングなどで肩甲骨を安定させるなどの役割があります。 【菱形筋】の解剖学構造をイラスト図解で正しく理解して効果的な菱形筋ストレッチと菱形筋筋トレをしよう! 【菱形筋(大菱形筋・小菱形筋)】とは?どこにあるどんな筋肉? 【菱形筋】とは項靭帯および胸椎棘突起と肩甲骨内側縁をつなぐように走行する菱形(四角形)の筋...

【肩関節(肩甲帯)後面の筋肉】内在筋

背面内在筋群には、三角筋、大円筋、ローテーターカフ(回旋腱板)4筋が含まれます。

後面の筋肉は、脊髄副神経(CN XI)と頸神経叢支配の僧帽筋を除いて全て腕神経叢支配です。

三角筋 deltoid
大円筋 teres major
ローテーターカフ
(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)
rotator cuff

【三角筋】

【三角筋】は名前の通り三角形の形をして肩パッドのように肩関節を覆って肩の丸みを作る厚い筋肉です。

【三角筋】の主な作用は腕の外転で、腕の外転筋として強力に作用します。

【三角筋】は、広範囲の起始部を持ち、収束して上腕骨に停止するため、全体として三角形の形状になりますが、解剖学的には3つの繊維に分類できます。

【三角筋】前部繊維は胸との境目、【三角筋】中部繊維は肩幅、【三角筋】後部繊維は逆三角形の角を作っていて、見た目(ボディメイク)にも大きく影響するアウターマッスルです。

詳しくはこちら!
【三角筋】 筋トレとストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【三角筋】とは肩の丸みを作っている厚いアウターマッスルで、肩関節運動に作用します。 【三角筋】は、肩関節を保護したり、腕を前、横、後ろに上げる運動に作用する力強い筋肉で、三角筋肥大させると逆三角形ボディがデザインしやすくなり、相対的に顔を小さく見せる「小顔効果」も期待できます。 【三角筋】の解剖学構造を正しく理解して、効果的な筋トレやストレッチを実践しましょう。 【三角筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【三角筋】は名前の通り三角形の形をして肩パ...

【大円筋】

【大円筋】は、綺麗な逆三角形バックライン(脇の隆起)を作るように肩甲骨下面から上腕骨に向かって走行している厚い筋肉です。

【大円筋】の主な作用は肩甲上腕関節関伸展と内旋で、「広背筋」とほぼ同じですが、起始部が違うため作用する姿勢や条件が異なってきます。

また、【大円筋】は、ローテーターカフと共に肩甲上腕関節関の安定に作用していますが、【大円筋】は、肩甲上腕関節関節包には付着していないので、ローテーターカフには含まれません。

 

詳しくはこちら!
【大円筋】筋トレとストレッチの基礎知識【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】
【大円筋】は、綺麗な逆三角形バックライン(脇の隆起)を作るように肩甲骨下面から上腕骨に向かって走行している厚い筋肉です。 【大円筋】筋トレやストレッチを効果的に行うために重要な解剖学的構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。 【大円筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【大円筋】は、肩甲骨下面から上腕骨小結節稜に向かって走行し、肩関節に作用する厚い筋肉です。 名称:大円筋 ふりがな:だいえんきん 英語名:Teres major ...

【ローテーターカフ :棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋】

ローテーターカフとは、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋で作られる腱板構造のことで、人体で最も動く範囲が広い肩関節(肩甲上腕関節)の骨的構造を補強しています。

ローテーターカフ(回旋筋腱板)を構成する4つの筋肉:「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」は、いずれも肩甲骨から上腕骨頭へ走行し、4筋で肩甲上腕関節を前後上下からしっかりと包み込むような構造になっています。

 

筋肉名 肩甲骨起始部 上腕骨停止部 主な作用 補助作用
棘上筋 棘上窩 大結節上部 外転開始
棘下筋 棘下窩 大結節中央部 外旋 外転・内転
小円筋 肩甲骨外側縁 大結節下部 外旋 内転
肩甲下筋 肩甲下窩(肋骨面) 小結節 内旋 外転・内転

更に、ローテーターカフ(回旋筋腱板)上部では骨同士が密接しているため、筋肉と腱の構造を保護するように滑液包でも覆われています。

肩関節(肩甲上腕関節)は肩甲骨の関節窩と上腕骨骨頭で構成されているため骨的な動きの制限がほとんどないので、ダイナミックで広範囲な動きに対応できる反面、脱臼や損傷などが起こりやすい不安定な関節でもあります。

ローテーターカフは、肩関節(肩甲上腕関節)の上腕骨頭を筒のように囲み関節窩に引きつけるように作用して、肩関節の解剖学的構造のデメリット(不安定性)を補完し、メリット(可動性)を最大限生かす(骨頭を求心位へ誘導して骨頭の安定した支点での運動を制御)役割をしている肩のインナーマッスルです。

 

詳しくはこちら!
【ローテーターカフ(回旋筋腱板)】とは?「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」筋肉解剖学(起始停止・作用)
【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】とは、4つの筋肉:「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」で肩甲上腕関節を包み込むような腱板構造のことです。 肩関節は複数の関節による複合体で、様々な筋肉や靭帯で補強されることで広範囲で多彩な運動ができるようになっていますが、【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】は、動きの範囲が最も大きい肩甲上腕関節の安定と可動性と両立させる重要な要素です。 【ローテーターカフ(Rotator Cuff)】の解剖...
【棘上筋(ローテーターカフ)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用・起始停止・ストレッチ・トレーニング)
【棘上筋】とは、肩甲骨棘上窩から上腕骨骨頭に向かって走行し、肩関節を上から包み込むように肩関節を安定させている筋肉です。 【棘上筋】は、常に重力や運動に対して緊張しているため、ローテーターカフの中でも最も断裂や損傷しやすく、肩の痛み、脱臼、四十肩や五十肩、肩こりなどの原因にもなりやすい筋肉です。 【棘上筋】の解剖学構造を正しく理解して効果的なストレッチやトレーニングをしましょう。 【棘上筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【棘上筋】は、僧帽筋の深...
【棘下筋(ローテーターカフ)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用・起始停止・ストレッチ・トレーニング)
【棘下筋】 は、肩甲骨棘下窩から上腕骨へ走行してローテーターカフ下部を構成し、上腕を肩甲骨に安定させている肩関節インナーマッスルです。 【棘下筋】 の解剖学的構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく説明していますので、痛みの原因やテスト(評価)、正しいストレッチ、マッサージ、筋トレを正しく効果的に行えるようになりましょう。 【棘下筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【棘下筋】は、肩甲骨棘下窩から上腕骨に向かって走行する筋肉で、その厚い筋腹は肩甲骨背側...
【小円筋(ローテーターカフ)】 イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用・起始停止・ストレッチ・トレーニング)
【小円筋】は肩甲骨の後面外側部から上腕骨へ走行し、ローテーターカフの一部として後下方から肩関節(肩甲上腕関節)を安定させている筋肉です。 【小円筋】の解剖学的構造についてイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。 【小円筋】とは?どこにあるどんな筋肉 【小円筋】は肩甲骨背面で、肩甲骨と上腕骨をつなぐように走行する筋肉です。 名称:小円筋 ふりがな:しょうえんきん 英語名:Teres minor 【小円筋】は、...
【肩甲下筋(ローテーターカフ)】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用・起始停止・ストレッチ・トレーニング)
【肩甲下筋】は、肩甲骨肋骨面から上腕骨へ走行し、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の協調的な連動に貢献して肩関節の安定をサポートしています。 ローテーターカフの中でも唯一内旋に作用する【肩甲下筋】の解剖学構造を正しく理解して、効果的なストレッチや肩甲下筋トレーニングを実践しましょう。 【肩甲下筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【肩甲下筋】は、肩甲骨の肩甲下窩を埋めるように存在する三角形の強力な筋肉で、腋窩後壁の大部分を構成しています。 名称:肩...

 

タイトルとURLをコピーしました