大円筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

綺麗な逆三角形バックライン(脇の隆起)作りに重要!
広背筋を補助する肩甲骨まわりのインナーマッスル【大円筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明。

筋トレの際に広背筋と区別する方法も解剖学的に解説しています。

大円筋の概要

  • 名称:大円筋
  • ふりがな:だいえんきん
  • 英語名:Teres major
  • 広背筋の補助的な役割をする筋肉。
    小円筋の下に位置しますが反対方向に作用し、ローテーターカフにも含まれません。

    大円筋の起始・停止

  • 起始:肩甲骨下角後面
  • 停止:上腕骨小結節稜
  • 大円筋の作用

    解剖学的表現

  • 肩関節の伸展・内転・内旋・(水平伸展)

  • 日常でのイメージ

    ・脇の幅や隆起を作り背中のシルエットに影響します。
    ・運動面では広背筋とほぼ同じ役割をしますが、肩甲骨(広背筋は脊柱)から上腕に伸びている筋肉のため、肩甲骨の位置で働き方が変わります。

    大円筋の神経支配

  • 肩甲下神経C5・C6・(C7)
  • 大円筋の働きを3D動画で確認

    大円筋を触診

    肩甲骨を固定させて肩関節を内転や内旋させると収縮が確認しやすくなります。

    大円筋を鍛える方法


    大円筋筋トレ

  • 広背筋と区別しながら筋トレ
    基本的な動きは広背筋の筋トレと同じですが、背骨から始まり肩甲骨をまたいでいる広背筋と肩甲骨から始まっている大円筋の解剖学的構造の違いを意識します。
    肩甲骨を固定(内転させない)して上腕の運動を行うことで、大円筋に効果的に刺激が入ります。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事