肩甲挙筋【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

僧帽筋と並び「肩こり・首こり」の際に硬さを自覚しやすい【肩甲挙筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

【肩甲挙筋】の解剖学的構造を理解して効果的なストレッチでセルフメンテナンスしよう!

肩甲挙筋の概要

  • 名称:肩甲挙筋
  • ふりがな:けんこうきょきん
  • 英語名:Levator scapulae
  • 小菱形筋や僧帽筋とともに肩をすくめる動作に作用。
    スマホ姿勢・パソコンの長時間使用・ストレスなどで過剰に緊張しやすく肩こりや首こりなどの自覚症状の原因となります。

    肩甲挙筋の起始・停止

  • 起始:第1~(3)4頸椎横突起後結節
  • 停止:肩甲骨上角・内側縁上部1/3
  • 肩甲挙筋の作用

    解剖学的表現

  • 肩甲骨の挙上・(下方回旋)

  • 日常でのイメージ

    ・上部頸椎から肩甲骨の内側上部に付着しているので、いわゆる肩をすくめる動作に作用します。 (腕をあげる時に肩甲骨からあげるイメージを持つと肩甲挙筋の動きがイメージしやすくなります。)
    ・肩甲骨が固定された状態では首を横に向ける運動に作用します。

    肩甲挙筋の神経支配

  • 肩甲背神経(C4~C6)
  • 肩甲挙筋の働きを3D動画で確認

    肩甲挙筋を触診

    肩をすくめる動きで収縮を確認できます。

    肩甲挙筋のセルフメンテナンス


    肩甲挙筋の緊張をほぐそう

    肩甲挙筋ストレッチ


  • まずは背骨と骨盤をニュートラルにした姿勢を作ります。
  • 右耳を右肩に近づけるように頸部を側屈します。 この時肩甲骨が上がらないように注意!腕は下にひっぱり肩甲骨を下げるイメージでしっかり肩甲挙筋をストレッチします。
  • 反対側も同様に行います。

  • 首の回旋を加えても効果的です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事