Youtubeで3D動画を配信中!

胸鎖骨乳突筋【3D筋肉・解剖学】

胸鎖骨乳突筋【3D筋肉・解剖学】

スマホやパソコンの姿勢で短縮して硬直しがちな【胸鎖骨乳突筋】のまわりにはリンパ節が多く存在するので、こりを放置するとむくみやたるみなど老け顔の原因にもなります。胸鎖骨乳突筋の構造を3D動画で理解し効果的なストレッチを学びましょう。

胸鎖骨乳突筋の概要

  • 名称:胸鎖骨乳突筋
  • ふりがな:きょうさにゅうとつきん
  • 英語名:sternocleidomastoid
  • ミケランジェロのダビデ像にもくっきり表現されている胸鎖骨乳突筋は、顔を横に向けると浮き出てくるので視診も触診も容易に可能な筋肉。

    美容や健康のバロメーターとしてもわかりやすい特徴があります。

    リンパが多数存在しているので、感染症などでリンパ節に腫脹が生じると過緊張になりやすく、片方だけ過剰に緊張すると斜頸の原因となります。

    胸鎖骨乳突筋をよい状態に維持することは健康美容面でも重要で、スマホ首などで短縮した状態で凝り固まるとリンパの流れが悪くなるため、肌荒れなどのお顔のトラブルも生じやすくなります。

    また、表層にある大きな筋肉のため、レスリングやボクシングなどの格闘技、ラクビーやアメフトなど首に直接的な負荷がかかる可能性のあるスポーツでは、怪我の予防目的で強化が推奨されています。

    胸鎖骨乳突筋の起始・停止

  • 胸骨部起始:胸骨柄前面
  • 鎖骨部起始:鎖骨胸骨端
  • 停止:側頭骨乳様突起・後頭骨上項線外側部
  • 胸鎖骨乳突筋の作用


    解剖学的表現

    ・顎を上方に上げつつ後頭を前方に引き寄せる
    ・顔面を対側へ回す
    ・吸息の補助



    日常でのイメージ

    横を向いた時にわかりやすく見える首の筋肉。

    胸鎖骨乳突筋の神経支配

  • 運動神経:副神経
  • 知覚神経:頸神経叢(C2,3)
  • 胸鎖骨乳突筋の働きを3D動画で確認

    胸鎖骨乳突筋を触診・視診

    顔を横に向けると浮き出てくるので視診も触診も容易に可能な筋肉。

    胸鎖骨乳突筋をほぐす方法

    胸鎖骨乳突筋のまわりにはリンパ節が多く存在するので、こりを放置するとむくみやたるみなど老け顔の原因にもなります。

    スマホやパソコンの姿勢で短縮して硬直しがちです。

    まずは背骨と骨盤をニュートラルにした基本姿勢をとり、胸鎖骨乳突筋の走行を意識しながら左右に顔を向けたり、停止部を起点に顎を上に向ける(顎を上方に上げつつ後頭部を前方に引き寄せる)動作で胸鎖骨乳突筋をストレッチします。

    筋肉の動きを指で感じ、収縮を確かめながら行いましょう。

    筋肉【3D解剖学】カテゴリの最新記事