【前頭筋】おでこのシワをほぐすマッサージのやり方【表情筋イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

表情筋(顔の筋肉)
この記事は約4分で読めます。

【前頭筋】は、眉毛を挙上しておでこに横皺を作る筋肉で、考え事や心配事が多かったり、パソコン作業やスマホの長時間使用で緊張して硬直しやすい傾向があります。

おでこにシワが定着しないように定期的にマッサージして【前頭筋】ほぐすようにすれば、どんよりした頭の疲れもスッキリ解消します。

【前頭筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【前頭筋】は、頭蓋の額部分にある左右一対の四角形の筋肉です。

頭頂部を覆う人体最上部の腱膜から眉毛に向かって下降するように眉毛の上あたりまで走行します。

【前頭筋】が収縮すると、眉毛を引き上げると同時に水平方向に額のシワを作りますし、眼輪筋の動きを代償するように眉毛と一緒にまぶたを上げる作用もあるので、表情筋としても大きな役割を果たしています。

近視の人が遠くをみようとしたり、暗がりで目を細めたりする時なども、私たちは無意識に前頭筋を収縮させています。

私たちが普段の生活で無意識に前頭筋を緊張させたままでいることが多いのですが、額のシワ、重く感じたり垂れ下がった眉毛、目の疲れやかすみ(疲れると見えにくくなる)、さらには頭痛まで、【前頭筋】のコリが原因で起こる場合があります。

【前頭筋】の解剖学構造を理解して、時々意識的に緊張をほぐすようにしたり、マッサージなどでセルフコンディショニングを心がけましょう。

【前頭筋】英語と読み方(ふりがな)

【前頭筋】は頭の前(前頭部)にある筋肉であることから名前がついています。

  • 名称:前頭筋
  • 前頭筋ふりがな:ぜんとうきん
  • 前頭筋英語名:Frontalis

【前頭筋】起始停止

【前頭筋】は頭頂部にある帽状腱膜から眉毛の方向へ下降して、眼輪筋や鼻根筋と繊維を交差して眉の上縁あたりで眉間や眉の皮膚に停止します。

  • 起始:帽状腱膜
  • 停止:眉の上縁

【前頭筋】作用

【前頭筋】は帽状腱膜から眉の上部まで額を縦に走行する大きな四角い筋肉なので、収縮すると眉を引き上げて額に横シワを作る作用が働きます。

また、眉毛の引き上げと同時にまぶたを引き上げる方向への力もわずかですが加わります。

停止部から力が働く場合は、帽状腱膜を前方にひっぱる作用にもなります。

  • 眉弓を引き上げる
  • 前頭部に皺を作る
  • 帽状腱膜を前方に引く
  • まぶた挙上

【前頭筋】神経支配

【前頭筋】は顔面神経(脳神経VII)支配です。

  • 顔面神経

【前頭筋】触診

おでこを触り、眉毛を引き上げる運動で収縮が確認できます。

【前頭筋】ほぐすマッサージの正しいやり方

【前頭筋】は、眉毛を挙上し、おでこに横皺を作る筋肉なので、凝り固まるとおでこにシワが定着してしまうので定期的にほぐすようにしましょう。

【前頭筋】はシワを伸ばすイメージで髪の生え際から眉毛に向かってマッサージします。
頭皮全体が凝り固まっている場合が多いので、頭頂部・側頭部・後頭部も含めてマッサージすることでリフトアップや目をパッチリさせる効果も期待できます。

また、眉毛を引き上げる運動で前頭筋を収縮させたらふっと力を抜く、反対に眉毛をできるだけ引き下げるようにしてからふっと力を抜く、というように前頭筋を収縮させるエクササイズをすれば、血流が改善して【前頭筋】の柔軟性が取り戻せます。

【前頭後頭筋】前頭筋と後頭筋はひとつの筋肉?

【前頭筋】帽状筋膜とつながっているので、同じ様に帽状筋膜とつながっている後頭筋と間接的につながっています。

そのため、「前頭筋」-「帽状筋膜」-「後頭筋」を合わせてひとつの筋として「後頭前頭筋」扱うこともあり、その場合は「前頭筋=前頭筋腹」「後頭筋=後頭筋腹」と呼びます。

【顔と頭の筋肉】正しいトレーニングやマッサージをする方法

頭蓋(頭と顔の骨)に付着して、表情や咀嚼に作用したり、首や肩との連結を行う筋肉はは20種類以上あり、お互いに連携しています。

解剖学構造の包括的な理解があれば、手術や投薬に頼らなくても、痛みや悩みを根本的に解決する方法がみつかる場合があります。

例えば表情筋の解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、目をぱっちりにしたり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできたり、顎のトラブルと頭痛や眼精疲労、肩こり解消が同時にできる場合もあります。

解剖学構造を理解して、普段の生活への意識を変えるだけでも、体調や見た目に大きな変化が出てきます。

 

合わせてチェック!
【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学
【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。 【表情筋】は顔の皮膚や頭蓋に付着する筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術よりも安全かつ効果的に、老け顔(ほうれい線、シワ、たるみなど)を予防したり、二重顎を解消したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。 【表情筋】をイラスト図解を使って、解剖学構...
【咀嚼筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
咀嚼運動に関与する筋(深頭筋群)を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。下顎の運動(口の開閉や食べ物を咬む)に作用。堅い物を食べる時で20~30kg、歯ぎしりでは100kg程度の負荷など顎の筋肉は非常に大きな力を出すことができるので、歪みや凝りなどで正常に作用しなくなると顔の歪みや咀嚼に影響が出てくるのはもちろん、連動している顔・首・頭の筋肉にも影響を及ぼします。深頭筋群(咀嚼筋群)の構...
【頸部(首)筋肉まとめ】首こり解消ストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】
肩こり・首こり・眼精疲労・老け顔・たるみ.....スマホが手放せずパソコン作業が多い現代人の悩みを解消するポイントとなる頚部(首)の筋肉を一覧にまとめました。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。筋肉の解剖学的構造を理解して、効果的なセルフメンテナンスができるようになろう!頸部筋肉の役割頸椎を支柱として頭部と胸部をつなぐ頭部を支え方向を変える 頸部の筋肉層分類浅頚筋:広頚筋...
【肩甲骨周囲筋肉と肩関節周囲筋肉】種類一覧まとめ【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学】
肩関節や肩甲骨の運動に関与し、姿勢維持にも重要な【肩関節と肩甲骨周囲の筋肉】を一覧にまとめました。姿勢改善、肩こり・首こり・腰痛解消、筋力トレーニングやエクササイズに役立つ解剖学知識を、3D動画を使ってわかりやすく解説しています。肩関節筋肉や肩甲骨筋肉の解剖学(起始停止、作用、神経支配)や筋トレやマッサージなどのやり方は、筋肉詳細ページで説明しています。肩甲骨と肩関節筋肉の構造と役割肩関節の筋肉は、肩甲骨や鎖骨から上腕骨へ走行して、肩関節(主に肩甲...
【背筋(背中の筋肉)】トレーニングやストレッチのための【3D動画でわかりやすい筋肉解剖学(名前や鍛え方)】
背筋とは背中の筋肉の総称で、背骨、肩甲骨、肋骨周囲のインナーマッスルから背中、ウエスト、肩のラインを作るアウターマッスルまで複数の筋肉が層となって存在して、ボディラインを表現したり、姿勢維持や腕や肩甲骨の運動に作用しています。背筋の名称(名前)と解剖学構造(起始停止・作用・神経支配)を層構造や役割別に分けて一覧にまとめました。【背筋(背中の筋肉)】の種類(機能分類)【背筋(背中の筋肉)】とは脊柱と胸郭の後方にある筋肉の総称で、筋の由来(背筋の作用)では...
タイトルとURLをコピーしました