【後頭筋】眼精疲労や頭のコリをリフレッシュする方法【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】

表情筋(顔の筋肉)
この記事は約4分で読めます。

【後頭筋】は、頭部後面にある筋肉で、筋膜を介して表情や目を閉じる運動などに作用します。

【後頭筋】機能が低下すると目を閉じにくくなったり、逆に過緊張状態が続くと頭痛や歯痛、目尻のシワ増加、眼精疲労につながる場合があります。

【後頭筋】の解剖学構造についてイラスト図解でわかりやすく説明しています。

【後頭筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【後頭筋】は、後頭部(首とつながる頭皮の底面部分)にある左右対象の四角い筋肉です。

上部は帽状筋膜を介して前頭筋、下部は首・肩・背中の筋肉、側面は側頭筋へとつながっている頭部の筋肉のひとつです。

耳の高さで首の上あたり(目の真裏)に筋腹があります。

【後頭筋】英語と読み方(ふりがな)

【後頭筋】は後頭部にある筋肉としてその名前がついています。

  • 名称:後頭筋
  • 後頭筋ふりがな:ことうこつ
  • 後頭筋英語名:Occipitalis Muscle

【後頭筋】起始停止

【後頭筋】は後頭骨と側頭骨から上行して帽状腱膜に停止します。

  • 起始:後頭骨上項線・側頭骨乳様突起
  • 停止:帽状腱膜

【後頭筋】作用

【後頭筋】は収縮することで帽状腱膜を後ろに引き、帽状腱膜を介して前頭筋作用(眉の引き上げや額のシワ)に影響を与えている表情筋でもあります。

更に【後頭筋】は側頭筋とも結合しているので、【後頭筋】は収縮することで、頬、額、こめかみの皮膚が引き上がり、額をシワを伸ばしたり、眉を引き上げたり、目を閉じる方向に作用します。

  • 帽状腱膜を後方に引く

【後頭筋】機能が低下すると目を閉じにくくなります。

逆に【後頭筋】の過緊張が続くと、カラスの足のような目尻のシワができやすくなったり、筋肉緊張性性の頭痛、顎関節痛、歯痛などにもつながります。

また、後頭部は視神経や視覚情報処理機能が集結した部分で、パソコンやスマホの長時間姿勢でコリがちな首の筋肉とも直接連結しています。

そのため、【後頭筋】のコリは眼精疲労(疲れ目)トラブルを増強させがちです。

【後頭筋】は、足裏-脚背面-背部-頸部-頭部(帽状腱膜)へととながる筋膜のつながり(SBL)の中継点になっていことや、帽状腱膜を介して前頭部、側頭部、表情筋とも間接的につながって相互に影響しあっていることを理解しておくことが重要です。

【後頭筋】神経支配

【後頭筋】は顔面神経(脳神経VII)の後耳介枝から神経支配を受けます。

  • 顔面神経(脳神経VII)

【後頭筋】触診

【後頭筋】は耳の高さあたりで後頭部を触れることで触診できます。

【後頭筋】ほぐすマッサージの正しいやり方

【後頭筋】は首の後ろから後頭部にかけて直接的にマッサージできますが、頭のコリは姿勢不良による身体のコリとも連動しています。

背面をSBLにそってストレッチして足裏からあたまのてっぺんにある帽状腱膜までつながりに沿ってほぐしていくことで、全身のバランスが整い結果も出やすくなります。

頭部のマッサージをする時も、後頭部だけでなく、側頭部、前頭部も含めて筋膜のつながりの中でアンバランスがでないように整える意識が重要です。

 

頭を下に下げる逆転効果+背面筋膜ライン(SBL)に沿って背面筋肉がストレッチできる前屈のポーズは頭部のコリ解消やリフレッシュにもオススメです!

合わせてチェック!
ページが見つかりませんでした。 | わたしが私のお医者さん【2021年大幅アップデート改修中】
【自分が好きになる】 + 【健康で人生を楽しめる】正しい医学知識(イラスト図解でわかりやすい!)⇦オリジナルイラストは今一生懸命作っているからもう少し待ってね!
【ストレッチ】を正しく効果的に実践する方法をわかりやすく解説しています。
「ストレッチ」は、短縮したり硬い状態になってしまたりして柔軟性の低下した筋肉の柔軟性向上と(関節)可動域拡大(身体を柔らかくする)を目的にした運動メニューのことです。筋肉の解剖学構造と関節可動域を意識して、目的に合わせた安全で効果的なストレッチを実践しましょう。

 

【前頭後頭とは?】後頭筋と前頭筋はひとつの筋肉?

【後頭筋】帽状筋膜とつながっているので、同じ様に帽状筋膜とつながっている前頭筋と間接的につながっています。

そのため、「前頭筋」-「帽状筋膜」-「後頭筋」を合わせてひとつの筋として「後頭前頭筋」扱うこともあり、その場合は「前頭筋=前頭筋腹」「後頭筋=後頭筋腹」と呼びます。

【顔と頭の筋肉】正しいトレーニングやマッサージをする方法

頭蓋(頭と顔の骨)に付着して、表情や咀嚼に作用したり、首や肩との連結を行う筋肉はは20種類以上あり、お互いに連携しています。

解剖学構造の包括的な理解があれば、手術や投薬に頼らなくても、痛みや悩みを根本的に解決する方法がみつかる場合があります。

例えば表情筋の解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術をしなくても、老け顔を予防したり、目をぱっちりにしたり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできたり、顎のトラブルと頭痛や眼精疲労、肩こり解消が同時にできる場合もあります。

解剖学構造を理解して、普段の生活への意識を変えるだけでも、体調や見た目に大きな変化が出てきます。

 

合わせてチェック!
【表情筋(顔の筋肉)種類まとめ】イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学
【表情筋】(表情を作る顔の筋肉)は20種類以上あり、顔の印象は表情筋の使い方やコンディション(柔軟性や筋力)で大きく変わります。 【表情筋】は顔の皮膚や頭蓋に付着する筋肉なので、解剖学構造を理解したトレーニング、ストレッチ、マッサージなどを効果的に実践すれば、整形手術よりも安全かつ効果的に、老け顔(ほうれい線、シワ、たるみなど)を予防したり、二重顎を解消したり、笑顔が魅力的なスッキリとした小顔もデザインできます。 【表情筋】をイラスト図解を使って、解剖学構...
【咀嚼嚥下(顎・舌・喉)筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
咀嚼嚥下や発声など口腔と喉を介した運動に作用する側頭部・顎・舌・喉(頸胸部深層)の筋肉をまとめました。それぞれの筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページをご確認ください。咀嚼嚥下と発声に作用する筋肉群咀嚼嚥下や発声など口腔と
【頸部(首)筋肉まとめ】首肩こり&目疲れ解消ストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【首の筋肉】の緊張状態は「首こり」「眼精疲労」を始め、「肩こり」「老け顔やほほのたるみ(ほうれい線)」など、スマホが手放せずパソコン作業が多い現代人の悩みに直接的に影響しています。 【首の筋肉(頸部筋)】の解剖学構造を理解すると、目・首・肩周りの辛い症状が連動する理由や個別の症状に合わせた具体的な対処法(ストレッチ・マッサージ・姿勢改善など)を自分で考えられるようになります。 筋肉の起始・停止・作用・神経支配などは各筋肉の詳細ページで確認できるように【首の...
【肩関節(肩甲帯)の筋肉】種類一覧まとめ【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、上肢運動に関与する骨と体幹軸を繋ぐ構造で肩甲帯の安定と運動に作用する筋肉群です。 【肩関節(肩甲帯)の筋肉】を一覧にまとめ、解剖学(起始停止、作用、神経支配)や筋トレやマッサージなどのやり方は、筋肉詳細ページで説明しています。 【肩関節(肩甲帯)の筋肉】とは?構造と役割 【肩関節(肩甲帯)の筋肉】は、上肢運動に関与する骨と体幹軸を繋ぐ構造で肩甲帯の安定と運動に作用する筋肉群です。 主に肩甲骨や鎖骨から上腕骨へ走行し...
【背筋(背中と背骨の筋肉)まとめ】トレーニングやストレッチのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学】
【背筋】は、背中、ウエスト、肩のバックラインを構成すると共に、背骨を含む姿勢や運動に関与する筋肉と上肢(肩甲骨)や肋骨(呼吸)運動に作用する筋肉を含みます。 背筋の名称(名前)と解剖学構造(起始停止・作用・神経支配)を層構造や役割別に分けて一覧にまとめました。 【背筋】とは?どこにあるどんな筋肉? 【背筋】は、体幹背面部分脊椎全長(後頭部下から骨盤あたり)にわたり存在する筋肉群のことで、背骨や体幹を安定させながら、腕や脚と体幹の協調的な運動に作用して...

 

タイトルとURLをコピーしました