【斜角筋】ストレッチのためのイラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(トリガーポイント・触診・起始停止)

筋肉解剖学
この記事は約5分で読めます。

【斜角筋】は頚部側面を斜めに走行する筋肉群(側頚筋)に分類され、頸椎横突起と上位2肋骨を走行する3つの筋肉【前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋】が含まれます。

【斜角筋】はスマホやパソコンの長時間使用や力仕事で凝りやすく、「斜角筋症候群」と呼ばれる斜角筋隙絞扼(胸郭出口症候群)による手や腕のしびれの原因となる筋肉としてもよく知られています。

【斜角筋】解剖構造をイラスト図解でわかりやすく解説しています。

トリガーポイントを見極め、効果的な【斜角筋】ストレッチやマッサージを効果的に実践しましょう!

【斜角筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【斜角筋】は、頚部側面にある筋肉(側頚筋)に分類され、頸椎横突起と上位2肋骨間を斜めに走行する筋肉です。

【斜角筋】は、「前斜角筋」「中斜角筋」「後斜角筋」の3つに分類でき、「前斜角筋」は胸鎖乳突筋、「中斜角筋」と「後斜角筋」は胸鎖乳突筋と僧帽筋の深層にあります。

【斜角筋】は、頚部運動(主に同側屈曲)と肋骨挙上(吸息補助)に作用します。

読み方/ふりがな 英語
前斜角筋 ぜんしゃかくきん Anterior Scalene
中斜角筋 ちゅうしゃかくきん Middle Scalene
後斜角筋 こうしゃかくきん Posterior Scalene

肩こりや首こりにともなう手足の痺れや腰痛などがある場合、【斜角筋】ストレッチやマッサージでトリガーポイントにアプローチして斜角筋の緊張を緩めることで、痛みや痺れなどの症状が緩和する場合が多くあります。

【斜角筋】解剖学

【斜角筋】の解剖学構造について整理します。

【斜角筋】は、スマホやパソコンを長時間使う姿勢や力を入れる作業をすると過緊張になりやすい筋肉なので、【斜角筋】解剖学構造を理解し、自分でトリガーポイントをみつけて斜角筋ストレッチやマッサージができるようにしておくと首や肩周りを快適に保てるようになります。

【斜角筋】起始停止

【斜角筋】3つの筋肉それぞれの起始停止を確認しながら、位置をイメージできるように整理します。

起始 停止
前斜角筋 C3~C6横突起前結節 第1肋骨の前斜角筋結節
中斜角筋 C2~C7横突起後結節 第1肋骨の鎖骨下動脈溝後方隆起
後斜角筋 C5~C7横突起後結節 第2肋骨外側面

【斜角筋】は頸椎横突起から「前斜角筋」と「中斜角筋」は第一肋骨に、「後斜角筋」は第二肋骨に停止します。

「中斜角筋」はほぼ真っ直ぐ下に降りるように走行し、その少し前に「前斜角筋」、後ろに「後斜角筋」があります。

筋腹は「中斜角筋」が一番大きく、「後斜角筋」が一番小さくなります。

【斜角筋】作用

「前斜角筋」「中斜角筋」「後斜角筋」は、【斜角筋】として協力しながら作用しますので、明確にそれぞれの作用を区別することは困難ですが、それぞれの走行の特徴や配置をイメージできるようにしておくとより的確なアプローチができます。

【斜角筋】の主な作用は胸郭に対する頸部の運動【頚部屈曲(左右同時収縮)および頚部側屈(片側収縮)】ですが、運動時や呼吸が苦しい時などは外肋間筋などとともに胸郭引き上げに作用する呼吸補助筋としても作用します。

胸郭に対する頚部の動き 呼吸補助筋
前斜角筋 頚部屈曲、頚部側屈(同側) 肋骨挙上(吸息補助)
中斜角筋 頚部側屈(同側) 肋骨挙上(吸息補助)
後斜角筋 頚部側屈(同側) 肋骨挙上(吸息補助)

安静時のあまり意識せずに行っている呼吸は横隔膜の作用がほとんどですが、意識的な胸式呼吸や努力呼吸時(肩が上がるような呼吸)では、肋骨が大きく引きあがります。

この様に呼吸(横隔膜の作用)を補助する筋肉を呼吸補助筋と言いますが、【斜角筋】も呼吸補助筋としても重要な役割を担っています。

更に、他の筋群とバランス調整し、胸郭と頸椎のアライメントを側面から保つ姿勢筋としての役割もしっかりイメージできるようにしておきましょう。

合わせてチェック!
【呼吸筋】呼吸に作用する筋肉まとめ
【呼吸筋】は、「呼吸ポンプ筋」として肺の周りを囲むように存在する筋肉で、胸郭に付着している筋肉は全て呼吸に作用します。 【呼吸】に作用する筋肉について、わかりやすく整理しました。 【呼吸筋】とは? 【呼吸筋】は、胸郭を動かして肺による呼吸をサポートする筋肉(骨格筋)です。 胸郭に付着している筋肉は、全て直接的、または関節的に呼吸に関与します。 【呼吸筋】作用 【呼吸筋】は、胸郭の拡張(吸気)または縮小(呼気)に協調して作用します...

 

【斜角筋】神経支配

【斜角筋】は腕神経支配です。

神経 髄節
前斜角筋 頸腕神経叢 C4-C6
中斜角筋 頸腕神経叢 C3-C8
後斜角筋 頸腕神経叢 C6-C8

「前斜角筋」と「中斜角筋」の間(斜角筋隙)を腕神経叢と鎖骨下動脈が走行するため、【斜角筋】のコリや過緊張による挟み込み(絞扼)で腕や手に痺れが生じることがあり、斜角筋隙の絞扼による痛みや痺れの症状は「斜角筋症候群」と呼ばれ、胸郭出口症候群のひとつとして有名です。

【斜角筋】触診

【斜角筋】は、僧帽筋や胸鎖乳突筋と大きな筋肉に覆われていますが、鎖骨から位置を探ることができます。

まず、鎖骨の真ん中あたりを探ると、「前斜角筋」の停止部に触れることができます。

触診ポイント
前斜角筋 鎖骨の真ん中あたり
中斜角筋 前斜角筋から指幅2本分外側
後斜角筋 中斜角筋よりもわずかに外側

「前斜角筋」から指2本分外側が「中斜角筋」で、「前斜角筋」より更に外側(後方)に触れるのが「後斜角筋」です。

【斜角筋】ストレッチとマッサージ

【斜角筋】トリガーポイントを見つけるためには、【斜角筋】の解剖学構造を理解して、位置や走行を正確にイメージできる必要があります。

また、【斜角筋】を覆う僧帽筋や胸鎖乳突筋など大きな筋肉にもコリがある場合は、腕や首を大きく動かすストレッチでほぐしてからアプローチすると触診もしやすく効果的です。

スマホやパソコンの長時間使用で【斜角筋】が凝り固まっている場合は、小胸筋など肩甲帯周囲のインナーマッスルも連動して凝り固まっている場合が多いので、胸郭や肩甲骨周囲筋も含めてアプローチしていくことで効果的にほぐせます。

【斜角筋】の位置を指で確認したら、呼吸をしながらアウターマッスルが働かない程度の小さな動きで頚部運動をしながら丁寧にストレッチをしましょう。

【斜角筋】トリガーポイントを押圧するようにマッサージしたり、少し抵抗を加えて【斜角筋】の収縮弛緩(首を左右に傾ける運動)を繰り返すことで筋緊張のバランスが取れて首回りが軽く感じられるようになります。

 

タイトルとURLをコピーしました