Youtubeで3D動画を配信中!

斜角筋(前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋)【3D筋肉・解剖学】

斜角筋(前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋)【3D筋肉・解剖学】

斜角筋(前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋)は、肩こりや首こりにともなう手足の痺れが生じたらまず評価したい頸椎と肋骨をつなぐ首前〜横面にある筋肉です。

スマホやパソコンの長時間使用や力仕事で凝りやすく、「斜角筋症候群」と呼ばれる胸郭出口症候群の原因となる筋肉としてもよく知られています。

斜角筋の概要

斜角筋は、前斜角筋・中斜角筋・後斜角筋という3つの繊維で構成されています。

頚部の運動だけでなく、肋骨挙上にも関与。

肋骨を挙上することで胸郭が広がり、吸気を補助します。

前斜角筋と中斜角筋の間を腕神経と動静脈が走行するため、筋肉の緊張で腕神経を挟み込み(絞扼)、腕や手に痺れが生じることがあります。

これは、「斜角筋症候群」と呼ばれ、胸郭出口症候群のひとつです。

肩こりや首こりにともなう手足の痺れや腰痛などがある場合、斜角筋の緊張を緩めることで緩和する場合が多くあります。

スマホやパソコンを長時間使う姿勢や力を入れる作業をすると過緊張になりやすい筋肉です。

解剖学的構造を理解し、自分でメンテナンスできるようにしておくと首や肩周りを快適に保てるようになります。

斜角筋の動きを3D動画で確認

前斜角筋

前斜角筋の概要

  • 名称:前斜角筋
  • ふりがな:ぜんしゃかくきん
  • 英語名:Scalenus Anterior muscle
  • 前斜角筋の起始・停止

  • 起始:第3~6(7)頸椎横突起前結節
  • 停止:第1肋骨の前斜角筋結節
  • 前斜角筋の作用


    解剖学的表現

  • 肋骨を引き上げて胸郭を広げる(吸息)
  • 頚前屈・側屈・回旋
  • 頸椎の側面と肋骨の前面をつなぐように斜めに筋繊維が伸びているため、収縮すると肋骨を引き上げたり、頸椎の回旋や側屈に作用します。


    日常でのイメージ

    呼吸や首の運動の際に他の筋肉と一緒に作用していますが、胸郭と頸椎のアライメントを保つインナーマッスルとしても重要です。

    前斜角筋の神経支配

  • 頸腕神経叢(C4~C6)
  • 前斜角筋を触診

    鎖骨の真ん中あたりで前斜角筋の停止部に触れることができます。

    中斜角筋

    中斜角筋の概要

  • 名称:中斜角筋
  • ふりがな:ちゅうしゃかくきん
  • 英語名:Scalenus Medius Muscle
  • 中斜角筋の起始・停止

  • 起始:第2~7頸椎横突起後結節
  • 停止:第1肋骨の鎖骨下動脈溝の後方隆起
  • 中斜角筋の作用


    解剖学的表現

  • 肋骨を引き上げて胸郭を広げる(吸息)
  • 頚前屈・側屈・回旋
  • 前斜角筋よりも少し上の頸椎から同じように第一肋骨まで伸び、前斜角筋よりも少し後方に停止します。作用としては前斜角筋とほぼ同じで協同して働きます。


    日常でのイメージ

    呼吸や首の運動の際に他の筋肉と一緒に作用していますが、胸郭と頸椎のアライメントを保つインナーマッスルとしても重要です。

    中斜角筋の神経支配

  • 頸腕神経叢(C3~C8)
  • 中斜角筋を触診

    前斜角筋から指幅2本分外側に触れるのが中斜角筋です。

    後斜角筋

    後斜角筋の概要

  • 名称:後斜角筋
  • ふりがな:こうしゃかくきん
  • 英語名:Scalenus Posterior Muscle
  • 後斜角筋の起始・停止

  • 起始:第5~6頸椎横突起後結節
  • 停止:第2肋骨外側面
  • 後斜角筋の作用


    解剖学的表現

  • 肋骨を引き上げて胸郭を広げる(吸息)
  • 頚前屈・側屈・回旋
  • 中斜角筋、前斜角筋同様に頸椎の横突起から始まり、第2肋骨に停止し、斜角筋として協同して作用します。


    日常でのイメージ

    呼吸や首の運動の際に他の筋肉と一緒に作用していますが、胸郭と頸椎のアライメントを保つインナーマッスルとしても重要です。

    後斜角筋の神経支配

  • 腕神経叢(C6~C8)
  • 後斜角筋を触診

    中斜角筋よりもわずかに外側に触れる筋肉が後斜角筋です。

    斜角筋をほぐす方法

    まずは背骨を胸椎からニュートラルに戻します。

    スマホやパソコンの長時間使用でのこりの場合は、小円筋や小胸筋も連動して凝り固まっている場合が多いので、より大きい筋肉からアプローチしていくことで効果的にほぐせます。

    斜角筋の位置を指で確認し、呼吸をしながら進展・側屈・回旋を行い斜角筋を気持ちよくストレッチしたり、少し抵抗を加えて収縮弛緩を繰り返すことで筋緊張のバランスが取れて首回りが軽く感じられるようになります。

    筋肉【3D解剖学】カテゴリの最新記事