多裂筋(腰多裂筋・胸多裂筋・頚多裂筋)【3D筋肉・解剖学】

この記事は1分で読めます

脊椎周辺に付着している背中のインナーマッスル 【多裂筋】について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。

解剖学的構造を意識したセルフメンテナンスで、姿勢、首こり・肩こり・腰痛を効果的に予防改善しよう。

多裂筋の概要

  • 名称:多裂筋
  • ふりがな:たれつきん
  • 英語名:Multifidus
  • 回旋筋の表層で脊椎周辺に付着している背中のインナーマッスル。

    各脊椎から2〜4個の椎骨をまたいだ棘突起に付着し、脊椎のスムースな働きを作ります。

    多裂筋の起始・停止

    起始

  • 仙骨の後面・全腰椎の乳様突起および副突起・全胸椎横突起・第7~4頸椎下関節突起
  • 停止

  • 第2頸椎以下全椎骨棘突起
  • 多裂筋の作用


    解剖学的表現

  • 脊柱伸展・側屈・回旋

  • 日常でのイメージ

    背骨の動きを調整しているインナーマッスルです。

    多裂筋の神経支配

  • 脊髄神経(C3~S3)
  • 多裂筋の働きを3D動画で確認

    多裂筋を触診

    触診や収縮の確認は困難ですが、脊椎を進展や回旋させる動作で収縮しています。

    多裂筋を鍛える方法


    多裂筋エクササイズ

    多裂筋の解剖学的構造を理解し、各椎間幅を広げるイメージで背筋を伸ばし、後ろに反らす運動で強化できます。
    大きく腰や首を動かすというよりも、普段パソコンやスマホを使っている姿勢と反対方向のイメージで脊柱起立筋群に収縮させましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    コメントは利用できません。

    カテゴリー

    3Dシステムの詳細はこちら!

    動画も配信中!

    おすすめカテゴリー記事