Youtubeで3D動画を配信中!

腰方形筋【3D筋肉・解剖学】

腰方形筋【3D筋肉・解剖学】

腰痛改善・姿勢改善時に意識したい背中側にある腹部インナーマッスル【腰方形筋】の構造について3D動画を使ってわかりやすく説明しています。


脊柱の安定、腰椎の運動の他、下部肋骨を引き下げて呼吸筋としても作用します。

腰方形筋の概要

  • 名称:腰方形筋
  • ふりがな:ようほうけいきん
  • 英語名:Quadratus Lumborum
  • 主に体幹の側屈(身体を横に曲げる)に作用する脊柱起立筋と同じ位置にあるインナーマッスル。

    腰椎の生理学的構造上、側屈時には伸展と回旋を含み、両側が同時に働いた場合は腰椎伸展(後ろに倒す動き)に作用。
    野球やゴルフのスイング時にも重要な筋肉です。

    腰方形筋の起始・停止

  • 起始:腸骨稜・腸腰靭帯・腰椎肋骨突起
  • 停止:第12肋骨・腰椎(L1~L4)肋骨突起
  • 腰方形筋の作用


    解剖学的表現

  • 腰椎側屈・後屈
  • 第12肋骨を下制

  • 日常でのイメージ

    脊柱起立筋と同じ位置にあり、姿勢維持や呼吸に関与するインナーマッスル。
    後ろを振り向く動作、ゴルフや野球のスイング動作で働きます。

    腰方形筋の神経支配

  • 胸神経(T12)・腰神経(L1~L3)
  • 腰方形筋の働きを3D動画で確認

    腰方形筋を触診

    腰に手を当て、腰部を側屈させる運動で収縮します。

    腰方形筋を鍛える方法


    腰方形筋強化

  • 筋トレ
    解剖学的構造を意識して、左右バランスよく強化しましょう。
    姿勢や負荷のかけかたで強度を調整します。

  • ストレッチ
    骨盤の動きが悪かったり(左右差含)、坐骨神経痛がある場合は、腰方形筋が凝り固まっているケースが多くあります。
    ストレッチやマッサージでこりをほぐしてから強化しましょう。

  • 腹筋群に関してはこちらも合わせて参考にしてください。

    筋肉の収縮の違いに関してはこちらも合わせて参考にしてください。

    呼吸カテゴリの最新記事