【錐体筋】ストレッチと筋トレのための【イラスト図解でわかりやすい筋肉解剖学(作用と起始停止)】

この記事は約2分で読めます。

【錐体筋】は、白線の両側にある三角形の小さな筋肉で、「腹直筋」と共に腹壁を強化して内臓を保護したり、腹圧が必要な活動(呼吸・排泄・発声など)を司る役割があります。

【錐体筋】ストレッチ、筋トレ、マッサージ、筋膜リリースなどを効果的におこなうための解剖学知識(作用と起始停止など)をイラスト図解を使ってわかりやすく解説しています。

【錐体筋】とは?どこにあるどんな筋肉?

【錐体筋】は、白線の両側にある三角形の小さな筋肉で、「腹直筋」と共に「前腹筋群」に分類されます。

  • 名称:錐体筋
  • ふりがな:すいたいきん
  • 英語名:Pyramidalis

「前腹筋群」は、「側腹筋群(外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋)」と共に腹壁を構成しています。

【錐体筋】は単独では機能を持たず、白線を緊張させることで、腹筋全体としての腹圧上昇や緊張に関与します。

【錐体筋】起始停止

恥骨稜および恥骨結合から起始しますが、恥骨稜から起始する筋肉は靭帯繊維として、恥骨稜から起始する繊維は腱繊維として始まります。

起始 停止
【錐体筋】 恥骨稜・恥骨結合 白線

上行する筋腹は徐々に狭くなり、おへそと恥骨の中間あたりで白線に停止します。

【錐体筋】作用

【錐体筋】の作用は、白線の緊張です。

通常は他の腹筋群と一緒に収縮して腹圧上昇に作用し、腹壁を強化して内臓を保護したり、腹圧が必要な活動(呼吸・排泄・発声など)を司る役割があります。

【錐体筋】【腰方形筋】神経支配

【錐体筋】は、脊髄神経前枝である肋骨下神経(T12)によって神経支配されています。

【錐体筋】触診

【錐体筋】は、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の腱膜で構成される多層筋膜構造である腹直筋鞘内にあります。

「腹直筋」下部表層にあるため、容易に触診できます。

【錐体筋】ストレッチと筋トレ

【錐体筋】は、腹直筋や他の腹筋群と一緒に強化できます。

 

タイトルとURLをコピーしました